森本良信先生の角皿

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

先日、お客様より嬉しいメールを頂戴しました。
お買い上げ頂いた森本良信先生の角皿を早速ご使用頂き楽しんで頂けたそうです。
大きすぎず小さすぎずの程良いサイズの皿で、色々なお料理を盛り付けてみたくなる作品だと思います。
最近は食器に拘るお客様がだんだんと増えてきているように感じております。
その風潮を感じながら現代作家さん達は趣向を凝らしながら食器造りに力を注がれています。
備前の食器は以前は重量感があってどっしりとした土ものらしい食器が主流でしたが、
時代と共に比較的軽く、収納性にも優れているといった使い勝手の良さが求められてきているように思います。
もちろんそこに備前らしい土味の良さや焼きの魅力が備わっているものでなければなりません。
森本先生は井戸や粉引など薄造りの作品も出掛けてこられ、そこで培われた技術を生かした、
繊細さと作者の持ち味である土味と重厚な胡麻景色を備えた、備前の食器の理想的な作品を発表して下さいました。
今後も時代と共に変化してゆく備前の食器をリアルタイムでご紹介していければと思います。

先日、お客様より嬉しいメールを頂戴しました。

お買い上げ頂いた森本良信先生の角皿を早速ご使用頂き楽しんで頂けたそうです。

大きすぎず小さすぎずの程良いサイズの皿で、色々なお料理を盛り付けてみたくなる作品だと思います。

2013-08-16 19.41.31.jpg

2013-08-10 22.00.40.jpg

最近は食器に拘るお客様がだんだんと増えてきているように感じております。

その風潮を感じながら現代作家さん達は趣向を凝らしながら食器造りに力を注がれています。

備前の食器は以前は重量感があってどっしりとした土ものらしい食器が主流でしたが、

時代と共に軽く収納性にも優れるといった使い勝手の良さが求められてきているように思います。

もちろんそこに備前らしい土味の良さや焼きの魅力が備わっているものでなければなりません。

森本先生は井戸や粉引など薄造りの作品も出掛けてこられ、そこで培われた技術を生かした、

繊細さと作者の持ち味である土味と重厚な胡麻景色を備えた、

備前の良さを凝縮した食器の理想とも言うべき作品を発表して下さいました。

今後も時代と共に変化してゆく備前の食器をリアルタイムでご紹介していければと思います。