森本良信先生のやきもの塾へ行ってきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。
先日、森本良信先生が講師として第一土日に開催されている、
狸庵文庫美術館 やきもの塾にお邪魔して参りました。
丁度、やきもの塾の生徒の方々による作品展も開催されており、
楽作品や織部作品などバラエティ豊かな作品が展示されておりました。
以前に「森本先生が陶芸の本質に触れて頂くための勉強会」と仰られており、
今回お邪魔した際にその言葉の意味がなるほど理解出来ました。
一般の陶芸教室であればテーマを決めるか自由制作であり、
生徒の方はあくまでもお客様として主役になって陶芸を楽しむようになっています。
今回のやきもの塾で感じたことは、古典が主役になっていると感じました。
森本先生の出すテーマに沿って古典の大名物を習作しながら、
時に講義や写真分析などを交えてより深く大名物の技法を理解し、
そこから審美眼ややきものへの理解をより深めていこうという形式になっていました。
常々森本先生が作品制作時のテーマとして掲げられている、
「陶芸はインプットとアウトプット」という言葉通りに、
古典より様々な技法や思考をインプットしてそれをそのままアウトプットしていました。
「陶芸などの作品制作ではつい自己表現が主題になってしまうことがあります」
「そうではなくてまずは先達に学び、陶芸の本質への理解を深めるのが大事だと思うんです」
勉強会という森本先生の言葉通りにあくまでも制作ではなく、
制作過程を重視した森本先生らしいやきもの塾であると感じました。

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

先日、森本良信先生が講師として第一土日に開催されている、

「狸庵文庫美術館 やきもの塾」にお邪魔して参りました。

丁度、やきもの塾の生徒の方々による作品展も開催されており、

楽作品や織部作品などバラエティ豊かな作品が展示されておりました。


以前に「森本先生が陶芸の本質に触れて頂くための勉強会」と仰られており、

今回お邪魔した際にその言葉の意味がなるほど理解出来ました。

一般の陶芸教室であれば月ごとのテーマを決めるかもしくは自由制作であり、

生徒の方はあくまでもお客様として主役になって陶芸体験を楽しむようになっています。

しかし今回のやきもの塾では、古典へのアプローチに主眼を置いていると感じました。

森本先生の出すテーマに沿って古典の大名物を習作しながら、

時に講義や写真分析などを交えてより深く大名物の技法を理解し、

そこから審美眼ややきものへの理解をより深めていこうという形式になっていました。

 

常々森本先生が作品制作時のテーマとして掲げられている、

「陶芸はインプットとアウトプット」という言葉通りに、

古典より様々な技法や思考をインプットしてそれをそのままアウトプットしていました。

「陶芸などの作品制作ではつい自己表現が主題になってしまうことがあります」

「そうではなくてまずは先達に学び、陶芸の本質への理解を深めるのが大事だと思うんです」

勉強会という森本先生の言葉通りにあくまでも制作ではなく、

制作過程を重視した森本先生らしいやきもの塾であると感じました。

是非皆様もやきもの塾にてひと味違う陶芸へのアプローチをお楽しみ頂ければと思います。

morimototogei20141106blog1.JPG

 

morimototogei20141106blog2.JPG

 

morimototogei20141106blog3.JPG

 

morimototogei20141106blog4.JPG

 

morimototogei20141106blog5.JPG

 

morimototogei20141106blog6.jpg

 

morimototogei20141106blog7.jpg