藤田哲英先生の作品が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は新進気鋭の若手作家、藤田哲英先生の作品をご紹介したいと思います。

ちょうど先日、お客様と藤田先生の工房へお伺いする機会があり、

その際に別冊炎芸術の備前特集号掲載の象嵌花器と、

山陽新聞社発行の備前焼作家・窯元名鑑掲載の象嵌水盤を頂いてきました。


藤田先生は2007年の倉敷芸術科学大学の大学院修了後に独立され、

牛窓に登り窯を築かれ線象嵌の作品などを中心に発表されている注目の若手作家です。

今回の作品二点も特徴的な線象嵌により加飾されており、

備前焼の素朴な肌合いの中に幾何学的な象嵌が合わさってとてもお洒落です。

いつもの見慣れた備前の肌が何か別のモノへと変貌したかのように、

新しい備前焼のカタチとしてとても新鮮で瑞々しく映ります。

また、どちらもかなり大型の作品ですが、とても丁寧に造り込まれており、

美しく整った土肌はただそれだけで美しいと感じさせてくれます。

 

備前線象嵌花器

hujitasuiban.blog201706131.jpg
hujitasuiban.blog201706132.JPG

登り窯らしい炭桟切り模様が、象嵌の幾何学的な模様と合わさり、

静と動のような対比となって見慣れた桟切りがとても斬新に感じます。 ※こちらの作品は売約済です。

 

緋色線象嵌水盤

hujitasuiban.blog201706133.JPG
hujitasuiban.blog201706134.JPG
hujitasuiban.blog201706135.JPG
hujitasuiban.blog201706136.JPG
hujitasuiban.blog201706138.jpg

こちらも見慣れた備前焼の肌が白と黒の象嵌で、全く新しい表情を見せています。

非常に大型の水盤ですが、緻密に織り込まれた象嵌の肌自体に見応えがあり、

そのまま飾っても楽しめます。


(藤田哲英/緋色線象嵌水盤 共箱) 

size:径約50cm×径約50cm×高さ約9cm price: ¥216,000


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ