タグ「古備前」が付けられているもの

古備前海揚がり八寸鉢が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本年も格別のお引き立てを頂き誠に有難うございました。

また来年も素晴らしい作品をご紹介出来るよう努力致しますので、

川口陶楽苑を何卒宜しくお願い致します。


さて、今日は今年最後のブログ更新となります。

最後を締め括るに相応しい古備前の逸品をご紹介させて頂きます。

古備前ファンの間では有名な俗に言う「海揚がり」作品ですが、

その中でも珍しい八寸の平鉢となっております。

 

kobizensara.20171218blog1.jpg
kobizensara.20171218blog3.jpg

器の中心は火照ったような緋色が出ており、非常に見応えがあります。

外周部にいくにつれ、還元焼成の色合いが濃くなり、

青味がかったグレーの土味が強く出るようになっています。

これは焼成時に焼き締まった際の炎の特徴を残しているそうで、

窯の焚き始めから徐々に外周部が先に焼き締まり、

その際、密閉に近い状態の為に還元焼成の色合いが残っています。

その後に大きく空気を取り込んで焼く段階で中央部分が焼き締まり、

その際の炎の状態である酸化焼成の色合いの影響を強く受けているそうです。

土がレコーダーのように炎の状態を記憶しているのは大変興味深いですね。

 

kobizensara.20171218blog2.jpg
kobizensara.20171218blog4.jpg

こちらの面を上にして別作品に伏せて焼かれた為、たっぷりと胡麻を受けています。

この胡麻の色はまさに古備前にしか無い唯一無二のもので、

ほんのりと白味の強い胡麻は遠くからでも一目で古備前と分かります。

グレーになった部分は所謂胡麻剥げと呼ばれるもので、

器肌に張り付かず浮いた状態になった胡麻を出荷前に削り落としているそうです。

古備前には焼成後に耳や胴等をどんどん手を加えてカスタムされたものがあり、

現代の作品に対する意識とはまるで違っているのが非常に面白いですね。

茶褐色のネットリとした土味も味わい深く、表面とは違う景色で両面楽しめます。

 

kobizensara.20171218blog5.jpg

制作方法は筒輪積みで土を立ち上げた後、玉縁を作ってから横に引き伸ばしてあります。

以前見た同型の古備前八寸鉢も全く同じ作りとなっていました。

高台のない底部の造りも同じで、恐らく皿の中の定形の一部だったと推測されます。

写真斜め上と反対側に窯切れも入っておりますが、古備前では非常に良くあることで、

窯切れ自体は当時あまり気にしていなかったのだろうと思います。

作品の造形、窯詰めや焼成方法、そして使用するにあたっての心構えなど、

全てにおいて現代とは全く違う常識が古備前の時代には存在しており興味深いです。

 

kobizensara.20171218blog6.jpg

箱に鑑定があり、平成9年に古備前鑑定に出しております。

本作は海揚がり故に海中でずっと作品が保管されていたようなものであり、

その為作品全体に汚れが殆ど感じられず使用感は現代陶工の作品に近くなっています。

肌の状態が良く、古備前であっても実際にお料理を盛って使って頂けるようになっています。

勿論、眺めて飾るだけも表と裏で別の景色が楽しめる非常に贅沢な作品です。

 

(古備前桃山時代/海揚がり八寸鉢 鑑定箱) 

size:径24.0cm×径23.7cm×高さ4.2cm price: 売約済

 

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

【更新】 2/20 原田拾六 備前乱張角皿

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日の更新は備前の偉大なる功労者、桂 又三郎先生と共に古備前を研究され、

「末恐ろしい」と言われた鬼才、原田拾六先生のやや前作の備前乱張角皿です。

平成十六年頃の陶歴が同封されており、その頃の作品であると思われます。

古窯跡を桂又三郎先生と巡り歩きながら研究した古備前の技と、

己の中に眠っていた荒ぶる魂とがぶつかり合って一つとなった作品です。

陶芸作家といえば基本的に齢を重ねる毎に無駄な力が抜けていき、

繊細で柔らかな作風へと変化していくのが通例となっています。

しかし拾六先生の作風は齢を重ねる毎により激しく濃密に進化しており、

拾六先生の中に渦巻く強烈なエネルギーが作品に乗り移ったかのようです。


ベースとなる角皿自体だけで見てもかなり豪快さのある作品で、

石選りや練込みをあまりせず粗挽きのような状態で使用しています。

これにより粘土中の鉄分が煮え立って表面から噴出している他、

土肌をよく見ればマーブル状になっており、かなり大きい石が何箇所も爆ぜています。

そこへ砂混じりの質感の違う土を千切りながら張り付け、

どちらも荒々しい土ながらもベースの土と乱張土との対比を見事生み出しています。

二つの荒土の鬩ぎ合いが、岩を砕いて作ったかのような独特の世界観を作り上げています。

 

20170220shuroku001.JPG

 

(原田拾六/備前乱張角皿 共箱) 

size:径25.8cm×径25.5cm×高さ8.5cm price:¥70,000


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

追加画像はこの下へ

 

20170220shuroku002.JPG

 

20170220shuroku003.JPG

 

20170220shuroku004.JPG

 

20170220shuroku005.JPG

 

20170220shuroku006.JPG

 

20170220shuroku007.JPG

【更新】 2/18 曽我 尭 備前湯呑 

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日の更新は古備前が焼かれた時代と同じ環境を再現し、

古の美へと挑戦する曽我 尭先生の新作備前湯呑です。

古備前時代の様式を再現するため耐火煉瓦等も使用せず、

その為に窯内部の熱効率からしてまったく現代の常識が通用しない窯で焼き上げられており、

それ故に現代の美を飛び越えて古備前に差し迫るような極上の土味を見せています。


本作は片面が光沢のない肌、もう片面がネットリとした光沢のある肌となっており、

そのどちらもが昭和の名工たちの極上の土味に迫る味わい深さを持っています。

光沢のある肌では薄っすらと紫蘇色を含んだ茶褐色の肌が、

光沢のない肌では南蛮焼き締め風の黄土色の肌が出ています。

質感の面でも非常に興味深い作品で、サラサラとした優しく滑らかな手触りは、

作品全体に見られるプツプツと滲んだ鉄分の黒点と相まって、

数百年の時を経て摩耗した古備前の肌を忠実に再現しています。

さり気ない緋襷も金彩が乗って、ネットリと渋い土味の中で程良いアクセントとなっています。

岡山在住の古備前マニアたちをも唸らせてきた曽我先生の土味が冴え渡る逸品です。

 

20170218soga001.JPG


(曽我 尭/備前湯呑 紙箱) 
size:径7.3cm×径7.3cm×高さ9.3cm price:¥6,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ
追加画像はこの下へ

(曽我 尭/備前湯呑 紙箱) 

size:径7.3cm×径7.3cm×高さ9.3cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

追加画像はこの下へ

 

20170218soga002.JPG

 

20170218soga003.JPG

 

20170218soga004.JPG

 

20170218soga005.JPG

 

20170218soga006.JPG

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今年ももうすぐ終わり、じきに新年を迎えますね。

当店も昨日無事に本年度の営業を終えることが出来ました。

また来年も素晴らしいご縁を繋げて参りますので、

どうぞ変わらぬご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します。


さて、新年を迎えるにあたり本日20時より新春特別企画と題しまして、

曽我 尭先生の窯出しされたばかりの新作酒器をご紹介させて頂きます。

「曽我 尭 新作酒器展 一窯一会」(クリックで商品ページに飛びます)


曽我先生は古備前を敬愛しその真髄に触れようと日々研鑽しておられます。

古備前の持つ美に至るにはまずどうすればよいのか。

そこで曽我先生は良い土を手に入れることから始められたそうです。

ご存知の通り粘土というのは一朝一夕で生まれるものではありません。

我々人間のおおよその寿命である100歳100年の歳月を持ってしても、

備前の粘土にとっては生まれたての赤ちゃんですらありません。

数万年の時を経て堆積した限りある粘土をいかに活用していくべきか。

その答えは古備前が焼かれた時代の制作状況をほぼ完全に再現するに至りました。


土だけで組み上げた窯は窯出しを経る度に生き物のように変化していきます。

土のみの窯はそれ自体が巨大な焼き物であり、窯焚きの度にその身を焼き変えます。

その為、一窯一窯作品が大きく変化を重ね、まさに一窯一会の出会いとなります。

今回の窯では鉄分が噴出する事でより渋みを増した緋襷や、

新たに挑戦された焦げ胡麻の酒呑と出会うことが出来ました。

以前から取り組まれている海揚がりを思わせる窯変や、

古備前と見紛うような極上の肌合いを持つものも併せて出品致します。

「曽我 尭 新作酒器展 一窯一会」を是非皆様ご覧くださいませ。

 

曽我 尭先生の轆轤挽きの様子

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今月15・16日に開催されます備前焼まつりも段々と近づいて参りましたので、
それに合わせて入荷した素晴らしい作品をご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介するのは安倍安人先生の見事な備前鉢です。
実はこの鉢は去年開催された―破格―桃山備前展に出品された、
「古備前 平鉢 半月形」を彷彿とさせる姿と焼成となっています。
破格展の感想記事でも初回の記事に取り上げさせて頂きましたが、
初めて訪れた会場にて一番心奪われたのがその古備前平鉢でした。
重厚な焼成は種類の違う胡麻が何層にも折り重なるように降り積もっており、
非常に細かい飛び胡麻や、藁と混じり濁ったような色合いなど、
焼成工程の複雑さを感じさせる非常に奥深い色合いとなっていました。
また、一度見たら忘れられない強烈な変形も見事と言う他ありませんでした。
そんな古備前平鉢を是非手にとって眺めてみたいという夢が、
まさに現実のものとなる日が来ようとはそれこそ夢にも思いませんでした。
多数の胡麻が複雑に入り混じった景色に、大きく膨れた中央部、
何よりも牡丹餅部分から垣間見える枯れ果てた色合いたるや、
現代の備前作品とは思えない見事な貫禄があります。
安人先生の本作にも裏面には円筒形のものに置かれた跡があり、
これが非常に面白い中央部の迫り出しを発生させています。
破格展をご覧になられた方はきっと驚かれる仕上がりだと思います。
備前焼まつり期間中も当店にて展示させて頂いておりますので、
是非お近くに起こしの際にはご来店下さいませ。
また本日の更新では安倍安人先生が久しぶりに制作された、
伊部手の酒呑を出品予定となっております。
こちらも極上の焼きが出た作品ですので併せてご覧下さい。皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。
今月15・16日に開催されます備前焼まつりも段々と近づいて参りましたので、
それに合わせて入荷した素晴らしい作品をご紹介していきたいと思います。

本日は素晴らしい作品が入荷しましたのでお知らせさせて頂きます。

今回ご紹介するのは安倍安人先生の素晴らしい備前鉢です。

実はこの鉢は去年開催された―破格―桃山備前展に出品された、

「古備前 平鉢 半月形」を彷彿とさせる姿と焼成となっています。

破格展の感想記事でも初回の記事に取り上げさせて頂きましたが、

初めて訪れた会場にて一番心奪われたのがその古備前平鉢でした。


重厚な焼成は種類の違う胡麻が何層にも折り重なるように降り積もっており、

非常に細かい飛び胡麻や、藁と混じり濁ったような色合いなど、

焼成工程の複雑さを感じさせる非常に奥深い色合いとなっていました。

また、一度見たら忘れられない強烈な変形も見事と言う他ありませんでした。

そんな古備前平鉢を是非手にとって眺めてみたいという夢が、

まさに現実のものとなる日が来ようとはそれこそ夢にも思いませんでした。


多数の胡麻が複雑に入り混じった景色に、大きく膨れた中央部、

何よりも牡丹餅部分から垣間見える枯れ果てた色合いたるや、

現代の備前作品とは思えない見事な貫禄があります。

安人先生の本作にも裏面には円筒形のものに置かれた跡があり、

これが非常に面白い中央部の迫り出しを発生させています。

破格展をご覧になられた方はきっと驚かれる仕上がりだと思います。

備前焼まつり期間中も当店にて展示させて頂いておりますので、

是非お近くに起こしの際にはご来店下さいませ。

また本日の更新では安倍安人先生が久しぶりに制作された、

伊部手の酒呑を出品予定となっております。

こちらも極上の焼きが出た作品ですので併せてご覧下さい。

 

anjininbehati20161010info1.JPG

数種類の胡麻が折り重なるように積み上げられています。

 

anjininbehati20161010info2.JPG

枯れ果てた、というよりも擦り切れた、という方が近い古備前に迫る見事な土味です。

 

anjininbehati20161010info3.JPG

裏面はまるで鉄のような土肌に、日の丸のような抜けが面白いです。

変形した鉢を安定して焼き上げる、盛り付けや飾った時の見栄えを良くする等、

機能面の利点とともに、「ひょうげたもの」として数寄者の寵愛を受ける為のものかも知れません。

 

(安倍安人/備前平鉢 共箱制作中)    

size:径31.5cm×径27.5cm×高さ3.7cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

森 陶岳先生の新作を拝見しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

中国地方も梅雨入りとなり、昨晩は激しい雨が降っておりました。

ただ、まだ夜はそこまで暑くなく、本格的な夏到来はまだもう少し先なのでしょうか。


さて、本日は記憶に新しい森 陶岳先生の寒風新大窯の新作から2点、

壺と花入をお客様より拝見させて頂きましたのでご紹介させて頂きます。

記憶にも新しい寒風新大窯の作品で、今までの備前になかった新しい景色を宿した作品です。

規格外の大窯焼成によって発言した珍しい白胡麻などはニュースでも取り上げられておりますが、

今回拝見した作品でも焼き込まれていてもマットな肌や、紫色の不思議な胡麻が出ており、

古備前を髣髴とさせる表情と古備前でも見たことのない表情とが見事に入り混じっています。

当店ではご長男である森 一洋先生の新大窯作品を7月頃に販売させて頂く予定となっており、

今からどんな作品を拝見することが出来るのか非常に楽しみです。

 

togaku001.JPG
togaku002.JPG

見事な黒胡麻の出た壷で、シルエットは古備前の四耳壺や三耳壺の姿と重なりますが、

焼成は独特のものとなっており今回の大窯焼成の特徴である紫の胡麻が出ています。

底部には新大窯の窯印と喜寿の印が打たれています。

 

togaku003.JPG
togaku004.JPG
togaku005.JPG

こちらは三角の花入で、さすが森 陶岳先生らしい力強い立ち上がりとなっています。

こちらもきめ細かい胡麻と丹念に精製した寒風土が見事な肌を形成しています。

通常であればよく焼ければ焼けるほど光沢を増す性質のある備前焼ですが、

これだけよく焼けていながら光沢は控えめとなっており大窯焼成の特異性を物語っています。


曽我 尭先生の窯出しがありました(2016年春)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

昼間は大分暖かくなってきましたが、まだ夜は寒く風邪を引かないようにお気を付け下さい。

さて、本日は曽我 尭先生の新作窯出しがありましたのでご紹介させて頂きます。


以前何度かご紹介させて頂いた折に、土への強いこだわりは感じて頂けたかと思います。

曽我先生は常に「素材である土が良くなければ良い物は焼けない」を信条に、

自分が恋い焦がれた古備前の味わいを追い求めています。


その為に近代開発された窯道具類や電子機器などは一切排除し、

古の陶工と同じ環境を再現して創意工夫されています。

中でも最も特徴的なのが「耐火レンガ」を一切使用されていないことでしょうか。

熱を反射するという性質がある耐火レンガはそれだけで窯内部の熱効率を飛躍的に上昇させます。

その便利な耐火レンガを使用しない為、比較的規模の小さな窯であっても、

中々融通が利かず根気よく窯に付き合ってやるという窯焚きを強いられます。

更に窯自体が粘土で出来た巨大な焼き物と同じであり、

窯焚きが進めば進むほど窯自体が焼けてきて複雑に変化していくそうです。

炎と徒手空拳で格闘するが故に、毎窯違った表情を見つけることが出来るのだと思います。


今回はより甘く柔らかな景色が出るようにシフトされており、

山土の雑味の中に田土の程良い緋色がスパイスのように効いた作品となっております。

桃山期の古備前にある素朴な赤み、生焼けではなくしっかりと焼けた緋色が出ています。

備前焼らしい強さと柔らかさを兼ね備えた新作ですので是非ご覧下さい。

 

soga20160520blog000000.JPG

古備前のような景色と質感は見た目の良さ以上に使い混んで育てるという楽しみがあります。

 

徳利

soga20160520blog00000.JPG
soga20160520blog0000.JPG
soga20160520blog000.JPG

しっかりと焼けた肌から地続きで柔らかな緋色が存在しています。

底部までしっかりと焼けており水に濡れると抜群の景色となります。

 

瓢徳利

soga20160520blog00.JPG
soga20160520blog0.JPG
soga20160520blog1.JPG

堅く焼き締まった石のような存在感ととろけるように初な緋色が同居しています。

今回の新作の特徴である「芯まで良く焼けた緋色」を堪能できます。

 

酒呑1

soga20160520blog2.JPG
soga20160520blog3 (1).JPG
soga20160520blog3 (2).JPG
soga20160520blog5.JPG

古備前で酒を呑んでみたいという夢を叶えてくれる酒呑です。

見込みに「芯まで良く焼けた緋色」が出ており、外側の景色と見比べると面白いです。

 

酒呑2

soga20160520blog6.JPG
soga20160520blog7.JPG
soga20160520blog8.JPG
soga20160520blog9.JPG

こちらは曽我先生流の窯変酒呑です。

薄っすらと黄色掛かった土味は何とも野趣溢れる力強い肌となっています。

 

小服碗

soga20160520blog99.JPG
soga20160520blog9999.JPG

こちらは今回初挑戦された小服碗です。

何にでも使える小服碗であるからこそ、質感にこだわって焼成されています。

目を閉じて触っていると古備前の壺を手に取っているような気持ちになります。

 

 

(曽我 尭/新作各種)
徳利  size:径8.6cm×径8.5cm×高さ13.9cm  price:¥50,000
瓢徳利 size:径8.4cm×径8.2cm×高さ15.7cm  price:¥50,000
酒呑1  size:径6.8cm×径6.9cm×高さ5.7cm   price:¥20,000
酒呑2  size:径6.7cm×径6.6cm×高さ5.7cm   price:¥20,000
小服碗 size:径10.0cm×径9.7cm×高さ7.8cm   price:¥25,000 ※少々カタつきがあります
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(曽我 尭/新作各種)

徳利  size:径8.6cm×径8.5cm×高さ13.9cm  price: 売約済


瓢徳利 size:径8.4cm×径8.2cm×高さ15.7cm  price: 売約済


酒呑1  size:径6.8cm×径6.9cm×高さ5.7cm   price: 売約済


酒呑2  size:径6.7cm×径6.6cm×高さ5.7cm   price: 売約済

 

小服碗 size:径10.0cm×径9.7cm×高さ7.8cm   price: 売約済 ※少々カタつきがあります


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

森 陶岳先生の大窯展にいってきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

2月2日より開催されております森 陶岳先生の大窯展に行って参りました。

森 一洋先生から本展のお知らせを頂いた時から楽しみで待ちきれませんでしたが、

予想通り、むしろ予想以上の素晴らしい作品が並んでおり圧倒されてしまいました。

 

oogama001.JPG

岡山シティミュージアムは岡山駅西口のNHKビルの中にあります。

 

oogama002.JPG

特別に許可を頂いて撮影させて頂きました「五石甕」です。

 

入場して真正面にこの「五石甕」が展示してあり、圧倒的な迫力で入場者を出迎えてくれます。

実際の容量は実に六石近くなっており、甕の底が覗き込めないほど巨大です。

そのサイズ感たるや実物を目の前にして何かのトリックアートでは、と思わせるほど規格外の大きさです。

また作品に宿した窯変も本当に見事なもので、流れ落ちる無数の胡麻や激しい飛び胡麻が、

古備前の大甕とまったく遜色のない景色を作り出していました。

さながら古備前の時代へとタイムスリップしたような気持ちで眺めていると、

何とお忙しい中にも関わらず森 陶岳先生ご本人に作品を解説して頂く機会を頂き、

大甕制作における素晴らしいお話を多々伺うことが出来て大変勉強になりました

たくさんの夢が詰まった巨大な大窯も、夢想の極みのような特大サイズの大甕も

足元を見れば先人の知恵と工夫によって成り立っているのがよく分かりました。

この大甕の他にも大小様々な作品が展示されており、一部はガラスケース無しで触れる事が出来ます。

備前焼の長い歴史の1つのターニングポイントになる素晴らしい展示会ですので、

是非皆様もお誘い合わせの上、森 陶岳先生の大窯展に足をお運び下さいませ。

森 陶岳 大窯展のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

度々TV等では窯出しの様子が放映されておりましたが、

この度ついに森 陶岳先生の大窯展が開催されます。

全長85メートルという規格外の超巨大窯を107日間一門総出で焚き続けたそうです。


2月7日、14日、21日には森 陶岳先生の講演会も開催されます。

五石大甕をはじめとする大小約50点が初公開されますので、

是非皆様お誘い合わせの上足をお運びください。


会期:平成28年2月2日(火)~24日(水)

場所:岡山シティミュージアム4階

(〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町15-1)

時間:午前10時~午後8時まで

休館:月曜日(8日、15日、22日)

料金:1,000円(中学生以下無料)

講演:2月7日、14日、21日

 

project-tohgaku.jpg

矛盾ノ器2~曽我 尭~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

前回からまたもや間隔が空いてしまいましたが、

引き続き今回も曽我先生の作品をご紹介していきたいと思います。

ブログやHPでご紹介させて頂いた作品も、多くの愛陶家の方よりご好評頂き、

曽我作品の世界が多くの方の心に触れた事をとても嬉しく思います。

とくに当店にご来店頂いたお客様からの評価がとても高く、

曽我作品の特徴である「光沢感・質感の良さ」によるものであると考えております。

今回ご紹介するこの徳利もまたその特徴をとてもよく表している作品です。

 

sogatokuri.blog201512161.JPGsogatokuri.blog201512162.JPGsogatokuri.blog201512163.JPG

激しい灰被り、そして土肌に表れた銀彩による、「二つの銀」が楽しめます。

 

如何でしょうか。

煙突すらもない特異な窯にて限界まで焼き抜いただけあって、

肌に張り付くような強烈な灰被りが出ています。

では何故こんな烈々たる窯変を携えた徳利が「矛盾ノ器」なのか?

ご覧頂いた方は皆さん驚かれるのですが、触り心地が驚くほどに滑らかです。

何百年何千年と激流を流れて摩耗した川石のような、

僅かな凹凸のみが主張するだけのとても柔らかい質感になっています。


この質感や水中の流れによる摩耗というキーワードで思い出すのが、

ちょうど曽我先生と一緒の折に、あるコレクターの方から拝見した古備前の小鉢です。

俗に「海揚がり古備前」と称されるその作品は海中より引き上げられたものであり、

青みがかった濃厚な桟切り窯変が口縁にかけて出てはいるのですが、

肌に吸い付くような柔らかな質感となっており手にとって感動した記憶があります。

灰被り窯変の反対側の黒みの強い土味もまたよく似ており、

「矛盾ノ器」らしい古備前に迫る美を堪能するとともに、

懐かしい気持ちになった一本であります。

 

sogatokuri.blog201512164.JPGsogatokuri.blog201512165.JPG

注ぐ時の音がこれまた素晴らしく、「コッコッコッ」と小気味よい音を奏でてくれます。

また、黒みの強い渋い土味は何よりも濡れた姿が最高に美しく、

水に濡らして眺めているだけでその立ち姿に酔わされそうです。


(曽我 尭/備前瓢徳利 共箱)
size:径8.3cm×径8.2cm×高さ16.8cm price:¥80,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(曽我 尭/備前瓢徳利 共箱)

size:径8.3cm×径8.2cm×高さ16.8cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

矛盾ノ器1~曽我 尭~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

soga.20151207blog1.JPG

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

私も師走らしい慌ただしい日々を過ごしておりまして、

前回のブログ更新から大きく間隔が空いてしまいました。


さて、本日は窯出しされたばかりの曽我 尭先生の新作をご紹介したいと思います。

いつもならば「曽我 尭先生の窯出しがありました」というタイトルをつけるのですが、

今回は少しばかり思うところがあって「矛盾ノ器」というタイトルにさせて頂きました。


矛盾という言葉は皆さんもご存知の通り、辻褄の合わない事柄に対する故事成語ですが、

世の中においてはあまり良い意味では使われておりません。

しかし、今回の曽我先生の作品を見て最初に思い浮かんだのが「矛盾」でした。

勿論とても良い意味でブログタイトルに取り入れさせてもらっています。


そもそも矛盾とは「どんな盾も貫く矛」と「どんな矛も防ぐ盾」を売るという商人からきています。

全能のパラドクスにも似た、逆説による辻褄合わせが破綻している状態ですね。

私は今回の曽我作品はこの矛盾を成立させてしまっているような魅力があると感じています。

今回の作品を説明しようとすれば、矛盾のような言葉を使うしか説明のしようがないのです。

「光沢はあるけど、光沢がない」

「奥ゆかしいけど、とても土味が主張する」

「荒々しい肌であるがきめ細かい肌である」

「最新作であるが古格を帯びて今にも朽ち果てそうだ」などなど。


とくにこの独特の光沢感と質感については古備前を見ている人は驚かれると思います。

古備前だけにある、土の荒々しさと擦り切れたような味わいが見事に再現されています。

また、光沢感もマットであっても決して光沢がない訳ではなく、寧ろ光を上手く取り込む肌質となっています。

このように説明すればするほど矛盾が生じるのでこのようなタイトルとさせて頂きました。

古備前も矛盾を多く孕んでおり、それ故にファンのみならず備前焼作家を魅了し続けています。

今回の矛盾ノ器達も是非実際に手にとって頂ければと思います。

 

写真左

soga.20151207blog2.JPGsoga.20151207blog3.JPGsoga.20151207blog4.JPGsoga.20151207blog5.JPG

写真左の酒呑です。やや窯変掛かった上がりですが、やはり特筆すべきは抜けの土味でしょう。

この土味部分の矛盾は「よく焼き締まっていながらも、緋色の柔らかな土味が出ている」という点です。

これまた古備前に見られる「強い緋」を見事に出すことに成功しています。

質感も抜群であり、初見の粗さからは想像もつかない上質の肌触りになっています。

 

 

写真中

soga.20151207blog6.JPGsoga.20151207blog7.JPGsoga.20151207blog8.JPGsoga.20151207blog9.JPG

写真中の酒呑です。この酒呑の光沢感は抜群でまさに「光っているけど光っていない」というものです。

抜けのようになったオレンジ色の部分は途中から突然光沢が発生し、

マットな肌合いの部分と合わせて光沢が半々で切り替わるようになっています。

写真で見るとささくれてガサガサとしそうな土味の肌合いも、

まるで数百年人々の掌で愛でられてきたように柔らかく擦り切れています。

 

写真右

soga.20151207blog99.JPGsoga.20151207blog999.JPGsoga.20151207blog9999.JPGsoga.20151207blog99999.JPG

写真右の酒呑です。「奥ゆかしく地味ですが、とても主張があり派手」です。

一見すると土肌と緋襷とが同系統の色合いで緋襷自体が沈んでいるように見えて、

見れば見る程に色が浮かび上がってくような不思議な味わいを持っています。

緋襷という素肌の焼き上がりの分、繊細な土味が堪能できるようになっており、

石爆ぜ、土の擦り切れ、土味の柔らかな質感など、知れば知るほどに主張してきます。

 

(曽我 尭/備前酒呑 共箱製作中)
写真左 size:径7.0cm×径6.8cm×高さ5.7cm  price:¥20,000
写真中 size:径7.0cm×径6.8cm×高さ6.0cm  price:¥15,000
写真右 size:径7.1cm×径7.0cm×高さ5.7cm  price:¥10,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(曽我 尭/備前酒呑 共箱製作中)

写真左 size:径7.0cm×径6.8cm×高さ5.7cm  price: 売約済


写真中 size:径7.0cm×径6.8cm×高さ6.0cm  price: 売約済

 

写真右 size:径7.1cm×径7.0cm×高さ5.7cm  price: 売約済

 

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

相賀真志郎先生の新作が入荷しました2~2015年秋~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、今日も前回同様相賀真志郎先生の新作をご紹介したいと思います。

今回の作品は長い沈黙と試行錯誤の果ての新たなる挑戦として、

相賀先生らしさをふんだんに盛り込んだ豪快な鶴首徳利です。


かの有名なトシワスレを髣髴とさせる桟切りと丸抜けを備えていますが、

相賀先生の十八番である磯の岩礁のような激しい桟切りで抜けを形取っていますので、

白と黄の色彩の潮流が押し寄せてくるような豪快な景色になっています。


一般的に備前鶴首といえばやはり海揚がり古備前を目標とした緋襷の上がりが多いですが、

相賀先生は古備前を敬愛すればこそ、自分なりの景色で鶴首という遙かなる高みへと挑戦しています。

胴部の丸抜けの部分の赤に関しても自分なりの景色を選択しており、

甘い赤などではなく相賀先生らしい徹底的に焼き抜いた強烈な赤紫色としています。

古備前時代の陶工と同じ仕事をもし自分が受けたとしたらどうするか?

そのような問いかけが長い沈黙の間に去来したやも知れませんね。

本日夜八時の更新で伊部酒呑も出品致しますので是非ご覧下さい。


aikatokuriblog201511151.JPG

濃厚な抜けの土味はキンキンに焼き抜いたハードな赤です。

 

aikatokuriblog201511152.JPG

成形後に箆で鞣した跡が、桟切りにも影響を与えています。

 

aikatokuriblog201511153.JPG

太く力強い首は歴戦の猛将の如くです。

 

aikatokuriblog201511154.JPG

これだけ焼かれていながらも濡れたような風合いの相賀桟切りはいつ見ても不思議です。

 

aikatokuriblog201511156.JPG

土味と桟切りの間には鉄分の滲みによる黒が出ており激しさの中に様々な変化を内包しています。

 

(相賀真志郎/備前茶碗 共箱製作中)
size:径10.3cm×径10.2cm×高さ16.8cm price:¥33,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(相賀真志郎/備前茶碗 共箱製作中)

size:径10.3cm×径10.2cm×高さ16.8cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

破格―桃山備前―展にお邪魔してきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

kenpakublog001.JPG


皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

全国的にシルバーウィークは晴れが多く過ごしやすかったのではないでしょうか。

当店にも遠方よりたくさんのお客様にご来店して頂き、本当に嬉しく思います。


さて、現在岡山県立博物館にて開催中の破格―桃山備前―展にお邪魔してきました。

どれもこれもが超一級品ばかりで、さながら夢のオールスター戦のような展覧会でした。

どれもこれもが存在感が濃密であり、恐らくは数度足を運ばねばならんだろうと思っていましたが、

まさしく予感的中で頭が真っ白になるほどの衝撃でした。


そんな中で曽我 尭先生より聞いた言葉を思い出して、

ある程度全体は見るけど「一品を集中してみる」という見方をしてきました。

まず自分が最も印象に残ったのは会場奥の半月鉢です。

円を一部欠いたような意匠に糸胡麻と黄胡麻がたっぷりと掛かり、

備前鉢の見所でもある牡丹餅も見事なものでした。


しかし、最も気になったのがその変形度合い(≠歪み)です。

半月鉢といえばお盆のようにある程度平らかなものを想像されると思います。

この作品ではなんと中央部分が上へとせり出し山なりに変形していました。

丁度裏面には円筒形のくっつき跡が残っており、円筒形の何かに乗せて焼かれ、

焼成時に自重で変形していったのかとも思いました。

しかし鉢の面積に対して円筒形の面積がとても少なく、

一本足のような不安定な状態で焼くのかという疑問が残りました。

それとも他作品の蕪や壷の口に乗せて焼いたのでしょうか。


しかし強烈な変形ですが偶然の出来事による歪みではない、

制作者が意図して変形させていると感じました。

勉強不足で完璧な説明はとても難しいのですが、

鉢の縁は大きく歪んで外に開いてしまっているのかと思いきや、

しっかりと底部に対して垂直を保っていました。

掌の形に合わせて人間工学デザインを突き詰めた織部茶碗や備前茶碗「只今」のように

使用する人間を見て意図して変形したものであるような気がします。

なだらかに盛り上がっているからこそ盛り付けに立体感が出るのでしょうか。

この疑問を宿題にまた近々もう一度県立博物館へと行って見たいと思います。

(すべて浅学なる個人の感想ですので色々とご容赦下さい)

森本良信 新作展解説~自由な世界編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は森本良信先生の新作展解説の最終回として、

自由な発想で作られたというシリーズを解説していきたいと思います。


ただ、この作品のコンセプトで言うと解説することは殆どありません。

自由な発想、つまりそれは使い方も自由であるように、と作られています。

今までの四つの世界観の中で、古陶磁の名品たちから学び写してきた事を統合し、

様々なテクニックを盛り込んでいますがとにかく自由に楽しく使えるようにと考えられています。


森本先生は今回の自由な発想シリーズについて語られる中で、

「この作品は僕が大好きなローリング・ストーンズのようなものなんです」

「ブルースやクラシックなど色んな音楽を取り込み、それでいてオリジナルな世界を作っている」

「そういう風に有りたいなと思い、とにかく焼物を楽しんでもらえるように作ったシリーズです」

「ですが、ただ自由奔放に作るのではなく、僕の気質としてルーツを求めてしまう」

「だから古陶磁からのインプットがあるから、自由な発想シリーズも成立するんです」と仰られていました。


これまでの五つのシリーズのどれもが森本作品を構成する重要なパーツであり、

そのパーツの核には少年のように純粋な、やきものを愛するという気持ちがあり、

それがあるからこそ五つのパーツが駆動して素敵なモノを生み出しているいるだな、と強く感じました。

今後の森本良信先生から生み出される新たな世界についても是非ご期待下さい。

皆様今回の森本良信 新作展をご覧頂き、本当に有難うございました。

 

3712.jpg

紐作りによって成形され、その後に箆で面取りを施されています。

紐作りという古備前の世界と、面取りの現代感覚がマッチしています。

斬新な楽茶碗を思わせる造形が素敵ですね。

 

 

3727.jpg

こちらは筒片口と命名された新解釈の片口酒注です。

図鑑を捲れば筒茶碗、花入、湯桶など色んな物に見えてきます。

晩酌を楽しむ現代の生活にあった造形です。

 

3770.jpg

小服碗です。自由な発想シリーズの中でも、特に使い方を選ばない器です。

楽茶碗を一回り小さくしたような丸みのあるフォルムは、

古典からヒントを得たと知った上で見ても、とても現代的なフォルムだと感じます。

抹茶の他、焼酎カフェ・オ・レ湯呑となんでも自由に出来ます。


自由な発想シリーズ(記事に使用したものを中心に一部抜粋)

伊部筒片口

緋襷小服碗①

備前小服碗

緋襷酒呑

森本良信 新作展解説~唐津編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今回は唐津シリーズの解説をしていきたいと思います。

備前土に釉薬を施すのではなく、唐津の陶工を備前に招聘したというストーリーで、

森本先生が敬愛する古唐津の持つ魅力を備前に変換して頂きました。


今回は唐津の制作スタイルに倣って、たくさんの素地を制作してそこから厳選し、

焼きを入れてからもさらに厳選するという、とにかく数をこなし厳選する方法を採られています。

その方法によって作為を出す事なく、土焼き作りがバランスよく備わったものを狙っています。

茶陶ではない庶民の器として、飾りっけのない素朴で渋い表情が親しみやすく、

しかしその中にまた目を見張るような景色があり、侘び心を擽る逸品となっています。

庶民の器として広く愛された備前と唐津らしい味わい深さですね。

 

morimoto.blog.201509092.JPG

厳選に厳選を重ねて、造形、削り、土味が見事な表情を作っています。

うっすらと光る紫蘇色の土味は濃厚芳醇であり、

そこに土の粗さを引き立てるような削りが見事です。

制作スタイルによりこれだけ見事な景色であっても作為を感じさせず、

置いておくとあまり目立たなくなるのが不思議です。

 

morimoto.blog.201509091.JPG

釉薬の流し掛けを思わせる伊部手のドロリとした胡麻が素敵です。

現在でも大変人気のある古唐津の片口へのオマージュで、

口の付け方など大変こだわった作品です。

唐津よりきた陶工が斑唐津を再現しようとして試行錯誤し……などというストーリーが浮かんでくるようです。

 

morimoto.blog.201509093.JPG

こちらも人気のある唐津の酒盃をモチーフとした酒呑です。

室町期の備前同様、紐作りの繋ぎ目などは消しておらず、

忙しそうな陶工たちで賑わうスピーディーな制作風景が想像出来ます。

高台も大変工夫されており、縮緬皺が再現されています。

 

唐津シリーズ

備前片口

伊部片口

緋襷片口

備前酒呑①   

森本良信 新作展解説~桃山期編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今回は解説第三弾として桃山期を目指して制作されたものの中から、

岡山後楽園所持の名碗「只今」の写しについて一部解説させて頂きたいと思います。


今回の茶碗は今までの森本良信先生の桃山研究の集大成と言っても過言ではない、

桃山期の優雅さと力強さを見事に宿した作品となっています。

中でも大変特徴的なものが、ゴリゴリと土を抉り取るようにして出来た高台脇です。

一見箆で乱雑に土を抉ったように見えて、実はここに桃山期の高次元の美意識があるそうです。

 

morimototadaima.blog201509051.JPG

実はこの大胆な削りは「力強く見せてやろう、変わったことをしてやろう」とする箆ではなく、

あくまでも人の掌の形に合わせて、持つ時にフィットするように計算された箆だそうです。

桃山期の黒楽茶碗の名品や志野茶碗の名品にも同じ計算がされているそうです。

歪むのではなく人間の体に合わせて正しく変形していると言えます。

持ってみてお茶を頂く動作をしてみると、とても掌にしっくりきました。

 

morimototadaima.blog201509052.JPG

こちらの口縁部からの写真でも分かる通り非常に緩やかな三角形になっています。

出っ張った部分が飲み口としてとても使いやすくなっており、

力強くも品のある造形の裏側には、使用感に対するとても深い考察が隠されています。

その他にも様々な造形理論が組み合わさって桃山期の名品たちは成り立っているそうで、

表面的な美意識を超越して、とても高い次元での造形理論が存在していたようです。

 

桃山期シリーズの作品

備前茶碗

備前茶入

備前水指

森本良信 新作展解説~茶懐石の中の酒器編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は森本良信先生の新作展解説第二弾として、茶懐石シリーズを解説させて頂きます。

ただ単に茶懐石の道具を写すというよりも、そこにある道具の美しさや精神性をリスペクトし、

それらを備前で表現するにはどうするべきかを考えたオマージュの手法となっています。

クリエイティブな写しというテーマを発展させて制作して頂きました。


まずは茶懐石の酒器として銚子をご紹介していきたいと思います。

本来は漆器や鉄器などを用いられることが多いのですが、

古備前の伊部手などにも銚子があり、今回は緋襷と伊部手で制作して頂きました。

丁度漆器の赤が緋襷、鉄器の黒が伊部手で見立てられて面白いですね。

古備前伊部手の銚子も実物は鉄のような硬質の存在感があるそうです。

 

morimototokusyublog201509020.JPG

格式の高い道具である銚子らしい、細部までしっかりと手を入れた意匠になっています。

口縁部の接合面、取っ手の作り、共蓋とどれも細工物のように入念です。

格式の高い造形を張り詰めた緊張感をもって制作しているからこそ、

漆見立ての緋襷という粋な遊び心が光るのかもしれません。


次は中盤以降の煮物・焼物の後の献酬でお預け徳利等と共に出される酒盃です。

この時の酒盃の中でも非常に格が高いのが黄瀬戸の六角酒盃です。

本来の黄瀬戸の六角酒盃は型作りが基本なのですが、

備前で型作りをすると無機質さが出てしまうのでここは敢えて轆轤から変形させています。

完全なる古典の写しではなく、銚子と同じく名品へのオマージュとなっています。

轆轤成形後に土を足して変形させており、全体に丸みが残って柔和なフォルムになっています。


morimototokusyublog201509021.JPG

こちらは緋襷の六角酒盃です。

あくまでも格式の高い道具という前提で、景色に対してとても配慮がなされています。

緋襷の発色も厳選されたものだけとなり、藁掛けもどこから見てもよく見えるよう考えられています。

先日の記事の室町期の実用性重視の景色とは趣を変えています。

 

morimototokusyublog201509022.JPG

こちらは伊部手で制作して頂いた六角酒盃です。

これまた先日の室町期とは違う、焼きに焼き込まれた強烈な黄胡麻が出ています。

塗り土によって肌を鉄器のように変化させており、黒と黄色の強烈なコントラストが見事です。

胡麻の流れ方、焦げ胡麻の立ち上がり方、向こうに見える胡麻の景色まで計算されています。

 

茶懐石の中の酒器シリーズ

備前徳利

緋襷徳利

備前の徳利はお預け徳利として格式の高いものです。

今回は景色をしっかりと考えぬいた「お預け」の言葉に相応しい重厚な作品になっています。


緋襷銚子①    

伊部六角酒盃①        

緋襷六角酒盃①      

森本良信 新作展解説~室町期編~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

森本良信先生の新作展、大変なご好評を頂いております。

森本先生とかなり長い期間準備をしてきましたので、

皆様からのありがたいお言葉を頂き本当に嬉しく思っております。


さて、今回の新作展ではテーマ別に作品を分類解説していきたいと思います。

まず第一弾は室町期シリーズを解説させて頂きます。

室町期といえば大窯で焼かれ、庶民の生活用品として大変な人気を誇っていた時代でした。

北は北海道、南は沖縄まで備前焼の陶片が出土しており大変な人気であったようです。


今回は室町期の庶民の為の道具としての側面を強調して制作して頂いており、

「正面を決めず、敢えて適当に積み重ねて焼き上げる」を実践されています。

作りに関しても粘土を紐状にする紐作りの接合跡を消したり、

造形上過度な装飾や仕上げを施さず、実用重視のありのままの造形としています。

 

morimotosinsakutenblog.201508311.JPG

鎌倉~室町期の装飾といえば波状紋と呼ばれる波打つ櫛目です。

写真の左には繋ぎ目が写っており整え過ぎない作りになっています。

元の鳶口小壺はもう少し大きく、油壺などに用いられていたそうです。

 

morimotosinsakutenblog.201508312.JPG

焼成時にはこのように雑多に重ねて、敢えて景色の概念を考慮せず火を入れたそうです。

重ねてみると景色が繋がているのが分かります。

 

morimotosinsakutenblog.201508313.JPG

敢えて自然な焼き上がりに任せる事で、土のうぶさが出たと森本先生は仰られていました。

うぶな土は変化の幅が大きく、自然に任せた緋色は嫌味がありません。

また、うぶであるが故に濡れることでえも言われぬ味わいとなります。

 

室町期シリーズの作品(記事に使用したものです)

緋襷鳶口小壺

備前擂鉢酒呑 ①          

kakoura-oldbizen.jpg

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は備前市日生の加子浦歴史文化館にて現在開催中の、

素晴らしい古備前の展覧会をご紹介させて頂きます。


「備前焼ブランド 壷・擂鉢の魅力と歴史」と題された本展は、

全国的に人気を博し備前焼ブランドとして大変な隆盛を築き上げた、

備前の壷類と擂鉢をその時代ごとに分かりやすく紹介されています。

古備前の基礎とも言うべき壷と擂鉢を時代ごとにしっかりと解説されており、

大変見応えがある展示会となっております。

 

また、現代の人気作家の方々の作品も併せて展示されております。

私も時間を作って足を運ぼうと思っていますので、

お盆の帰省などで備前に立ち寄られた際には是非ご覧になってみては如何でしょうか。


場所:加子浦歴史文化館 (岡山県備前市日生町日生801-4)

電話:0869-72-9026

会期:7/29(水)~9/30(水) 休館日は毎週火曜日と9/24

 

※8/14追記あり

 

kakuura001.JPG

備前市日生の歴史がすべて詰まっています。

 

先日、森本良信先生にご一緒させて頂き、加子浦歴史文化館に行って参りました。

おいしいお魚や加工品が売ってある日生五味の市の向かいにあり、

歴史のある建物がとてもよい雰囲気を醸し出しています。

 

kakuura002.JPG

森本良信先生もとても楽しみにされていたそうでワクワクされていました。


早速二階の展示室を拝見すると、鎌倉期と室町期の古備前の擂鉢が。

やや須恵器の要素を残したような鎌倉期と、成熟した室町期を見比べることが出来ました。

さらに併せて森陶岳先生の擂鉢も展示されており、つい古備前と見間違えてしまう程でした。


室町末期の侘茶人に見出されたという、有名な鬼桶水指も展示されており、

蚕繭の桶として使用されていたという由来を知るとともに、

素朴ながら力強い立ち姿、今にも隠れてしまいそうな微かな飛び胡麻、

その素晴らしい佇まいには心を鷲掴みにされるようでした。

その他にも素晴らしい作品が並んでおりますので是非皆様もお立ち寄り下さい。

土質や時代までしっかりと書かれており、大変有意義な展示会となっております。

破格―桃山備前―展のお知らせ(8/23追記)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hakaku001.jpg

 

hakaku002.jpg

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

台風も過ぎ去り蝉の大合唱が始まり、いよいよ本格的な夏となってきました。

暑い夏ですがたくさんの備前焼作家さんの窯出しが予定されており、

過酷な窯仕事を限界ギリギリまで続けられている作家さん達には頭が下がるばかりです。


さて、本日は岡山県立博物館にて平成27年9月18日から開催が予定されております、

「破格―桃山備前―」展のお知らせをさせて頂きたいと思います。

今回の展覧会では県立博物館が収蔵している桃山古備前の名品と、

陶芸家や茶人の協力の下、各方面に掛け合って出展して頂いた数々の名品が一堂に会します。

安土桃山時代に制作された茶の湯に関わる古備前の展覧会では、

まさしく近年稀に見る素晴らしいものとなりそうです。

「破格」とも表現される桃山古備前の魅力を堪能できます。

また、会期中には名碗 只今の写しに挑戦した陶友会青年部の方々による、

トークショー等、素晴らしい企画が目白押しとなっています。

皆様是非足をお運び下さいませ。


開催:岡山県立博物館 (086-272-1149)

会期:平成27年9月18日~平成27年11月8日まで (月曜日休み)

公式サイト:岡山県立博物館のサイトへ