タグ「細工物」が付けられているもの

金重陶陽―没後50年展―が開催されます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日9月16日(土)より、金重陶陽先生の没後50年展が開催されております。

昭和42年(1967年)にこの世を去られてから50年経ちますが、

未だに多くの人々を魅了する陶陽先生の名品が多数展示されます。

 

toyo-50years.jpg

toyo-50years2.jpg

 

これだけ長きに亘って人々を魅了し続ける作品を生み出す原動力、

魅力的な陶陽作品の源となったものは何だったのでしょうか。

陶芸の道において非常にストイックで他者に厳しく、

そして誰よりも自分に厳しかったと言われる陶陽先生ですが、

その厳しさの根底にあるのは、やはり良い作品を残そうという強い想いだったと感じます。

桃山期の名も知らぬ名人たちが残した圧倒的エネルギーを放つ逸品と対峙し、

己が作品もまた後の世に残るならば、何を為すべきなのかと考えられたのではないでしょうか。


時代時代で散発的に偶然発生したものではなく、

人々の生活や心に寄り添いながら成熟してきた備前焼ですが、

陶陽先生の残した名品と、幕末明治期の備前焼、さらに江戸桃山室町の古備前、

それぞれが独立して点在する事象ではなく大きな一つの道のりとして見た時に、

自分自身その道において時に俯瞰しつつ時に全力疾走しつつ、

そして時には横道に逸れながら自分もまた新たな道を紡ぎたいと強く思いました。

 

金重陶陽 作 備前枡 酒呑ニモ

toyomasu20170915blog1.jpg
toyomasu20170915blog2.jpg
toyomasu20170915blog3.jpg
toyomasu20170915blog4.jpg
toyomasu20170915blog6.jpg
toyomasu20170915blog5.jpg

 

一般には茶道具用の蓋置として制作されたと言われている枡ですが、

今回は晃介先生に「酒呑ニモ」と箱書きして頂きました。

丁度持ちやすい大きさで、角から口を窄めてお酒が呑めます。


細工物から轆轤物への転換期である土点時代の作品で、

当時細工物に使用されていた水簸土を使用しており、

カッチリとした堅く焼き締まった土味が特徴的です。


備前手の場合は全体的に均一に茶色の土肌となりますが、

本作は比較的珍しい、やや半身が自然な黒色に焼き上がったものとなっています。

京枡をモチーフにした字印も、丁度胡麻で隠れること無く、

メリハリの有る景色と細かな細工の両方が楽しめるようになっています。

 

(金重陶陽/備前枡 酒呑ニモ 晃介識箱) 

size:径5.8cm×径5.8cm×高さ4.3cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

梅雨の時期ということもあり、蒸し暑い日が続いておりますね。

紫陽花や桔梗など季節の花を愛でつつ心涼やかに過ごしたいものです。


さて、6月末より伊部駅隣の備前市立備前焼ミュージアムにて、

「細工物のきのう・きょう・あした」展が開催されております。

タイトルの「きのう・きょう・あした」の言葉通りに、

古来からの細工物の名品に加えて、近代巨匠の遺した名品逸品、

そして備前焼の明日を担う現代陶工たちの作品を一堂に展示しております。


備前細工物の名手、島村 光先生が中心となって本展を企画されており、

「この若手たちが紡ぐ輝かしい未来が楽しみでなりません」と仰られていました。

これまでの細工物展における「きのう」に重点的に着目したものではなく、

「きょう」を見つめ直し、「あした」へと繋いでいく素晴らしい展示会となっております。


本展のパンフレットにミュージアム館長の臼井洋輔氏の挨拶文が掲載されており、

そこには現在主流となっている陶器という器ものの先祖である縄文式土器と、

細工物の先祖である土偶とはほぼ生み出された時代に差がないことが記されています。

かたや煮炊きや収穫と採集に使用する生活の要として土器を使用する傍らで、

人々は細工物に祈りを捧げ、願いを込め、精神の支えとしていたのです。


器として用を全うする使命を帯びて生み出されたものが陶器ならば、

細工物は心を満たす、心を形にするという使命を帯びて生み出されたように感じます。

美味しいお酒を注ぐことも、絶品の料理を盛り付けることも適わず、

されど名工たちの矜持と遊心が何十年何百年の時を経ても見る者の心を打ち震わせます。

自分自身改めて細工物の存在意義について考えを改めようと反省しております。

下記に詳細な日程などを書いておりますので、是非皆様足をお運び下さいませ。


issooiuma20170704blog6.jpg
issooiuma20170704blog7.jpg

 

【日程】

6/29(木)~9/3(日)まで ※休館日月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日)

9:00~17:00(入館は16:30まで)

【場所】

備前市立備前焼ミュージアム1階2階

〒705-0001 岡山県備前市伊部1659-6

TEL.0869-64-1400 FAX.0869-63-8300

【入館料】

大人500円 高校生・大学生300円 中学生以下無料 ※20名以上の団体は100円割引

【更新】 2/23 十六代木村宗得 備前虎置物

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日の更新は伝統ある備前窯元六姓の木村家の十六代、

備前の三奇人と謳われた名人、木村宗得先生の備前虎置物です。

三奇人と呼ばれた所以は宗得先生は当時の備前陶工の中では非常に珍しい、

作陶の時間よりも動物などのモチーフの観察やスケッチの時間が多い方だったそうです。

当時人々の間でそのような慣習はなく、ひたすらに動物を眺め続ける姿を奇妙に思いつつも

見事な細工と陶彫技術を賞賛し三奇人の一人として数えられるようになったそうです。


本作もまた見事な陶彫により、唸りを上げる虎が見事に再現されています。

肩甲骨を盛り上がらせて天を睨み、岩上から今にも飛びかかりそうな迫力があります。

極太の猛爪も精密な削り出しですが爪本来の猛々しい雰囲気を失っておらず、

陶器であっても触れればたちまちのうちに肉を裂かれてしまいそうです。

天を睨む形相も相まって有名な龍虎図を想起してしまうのは私だけではないでしょう。

見事な構図と確かな技術力が合致した時、作品は表現の範囲を拡大させ、

見る者を「その先の構図」そして「新たなストーリー」へと誘ってくれます。

虎の置物でありながら天を舞う龍との避けられぬ戦いを感じずには居られません。


ここまでの技術的な見事さに加えてさらに細かい部分に目をやれば、

三奇人の所以たる異常なまでの観察力の片鱗を見ることが出来ます。

常人であれば虎のイラストを描くとどうしても猫のようになってしまいますが、

本作では筋肉の隆起と萎縮、皮膚の移動、各部位の向きを正確無比に捉えています。

特に耳の向き、牙を剥く動作による唇の移動、舌の立体感と長さは見事の一言に尽きます。

生きた虎の行住坐臥を延々観察し続けた三奇人らしい見事な表現です。


20170223sotoku001.JPG

 

(十六代木村宗得/備前虎置物 共箱) 

size:最大幅33.4cm×奥行き17.5cm×高さ20.0cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

追加画像はこの下へ

 

20170223sotoku002.JPG

 

20170223sotoku003.JPG

 

20170223sotoku004.JPG

 

20170223sotoku005.JPG

 

20170223sotoku006.JPG

 

20170223sotoku007.JPG

 

20170223sotoku008.JPG

 

20170223sotoku009.JPG

 

20170223sotoku010.JPG

【更新】 2/17 金井春山 備前飛獅子香炉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日の更新はその生涯を細工物一筋に生き、激動の時代を駆け抜けた備前が誇る名工、

金井春山先生の最晩年の備前飛獅子香炉です。

春山先生は明治に生まれ、大正には師である西村春湖先生の下で修業に励み、

その後独立された昭和期には見事な細工物を数多く作り上げつつ、

昭和末期には備前陶芸センターなどで後進の指導にも当たられていました。

昭和57年、備前の復興と隆盛を見届けた後に惜しくもこの世を去られますが、

最晩年作の本作は激動の時代を生きた名人らしい技の冴えが見られます。


獅子の細工物は備前でも布袋と並び細工物の最初期から手掛けられてきたものであり、

平成の今の世でもトップクラスの人気を誇るモチーフではありますが、

 それ故に過去の優品と並び立つだけの力量を求められる試金石のような存在でもあります。

本作では桃山後期より連綿と続いてきた備前細工物の長い歴史の中でも、

埋没すること無く見事その存在感を発揮する見事な作り込みで魅せてくれる逸品です。


空想上の動物である獅子はリアリティーを追求しすぎれば脳が違和感を呼び起こし、

さりとてデフォルメが過ぎれば獅子本来の力強く雄々しいという魅力を損なうものです。

本作は絶妙なバランスを保っており、力強い飛獅子を躍動感満ち溢れる姿で表現しています。

精悍な顔つきも見事ですが、舌や牙などの細かい仕事ぶりがまた名人らしいです。

更に蓋と獅子との接合面、透かし彫りの内側、蓋の裏、獅子のお腹側など、

普段見られない部分でも、一切妥協せず極細の箆で細かく細かく削って仕上げています。

この実に細やかな仕事ぶりこそが、名人が最後に遺したかったものではないでしょうか。

 

20170217shunzan001.JPG


(金井春山/備前飛獅子香炉 共箱) 
獅子size:径9.5cm×径5.6cm×蓋径10.0cm×蓋高さ13.3cm price:¥110,000
本体size:耳含む径19.3cm×径13.8cm×蓋本体合わせた高さ20.5cm
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ
追加画像はこの下へ

(金井春山/備前飛獅子香炉 共箱) 

獅子size:径9.5cm×径5.6cm×蓋径10.0cm×蓋高さ13.3cm price: 売約済

本体size:耳含む径19.3cm×径13.8cm×蓋本体合わせた高さ20.5cm


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

追加画像はこの下へ


20170217shunzan002.JPG

 

20170217shunzan003.JPG

 

20170217shunzan004.JPG

 

20170217shunzan005.JPG

 

20170217shunzan006.JPG

 

20170217shunzan007.JPG

 

20170217shunzan008.JPG

 

20170217shunzan009.JPG

ますねずみ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

ジリジリと焼けるような日差しの日が続いております。

水分補給にはくれぐれもお気をつけ下さい。


さて、本日は先ごろお客様にご売約頂きました作品ではございますが、

非常にユニークな島村 光先生の枡鼠の細工物をご紹介したいと思います。

枡鼠といえば昭和期の名工なども手掛けた備前の定番のモチーフの一つです。

基本的な構図としては大きな一升枡の中に数匹の鼠が入っており、

どこか惚けたような表情で食べ物を探している様子は何とも愛くるしいものです。


今回の島村先生の枡鼠はまさに温故知新のオリジナリティ溢れる細工となっています。

島村先生ご自身が古の細工師達に惜しみないリスペクトを送りつつ、

名工達の模倣ではなく、備前細工の最前線ともいうべき独自の境地を開拓されています。

本作でも枡という概念をより新しく捉えてフレームのように変形させており、

そこに巧みなフリーハンドによる幾何学文様を施しています。

可愛らしい枡は鼠の骨格の可動範囲や毛皮の伸び方までも計算に入れ、

一見すると簡素ですが極めて見事な体型の表現を見せてくれます。


小西陶古先生や金重陶陽先生らも手掛けた伝統の枡鼠という造形を、

現代の生活空間に合うように抜群のセンスを持って再構築されています。

細工物としてしっかり使われること、つまり鑑賞される事を意識して、

現代人の生活の中に溶け込めるようになっており素晴らしい仕事ぶりとなっております。

絶妙なる箆仕事とともに島村先生の備前の細工師としての矜持を見ることが出来ます。

 

shimamura-nezumi001.JPG

とても可愛らしい表情は見ているだけで癒やされます。

耳の向きや顔つきなど細かな個体差まで表現されています。

 

shimamura-nezumi002.JPG

とくに驚いたのがこの腰つきです。

鼠のこんもりとした丸い腰つきが見事粘土で表現されています。

 

shimamura-nezumi003.JPG

本来害獣であるはずの鼠を可愛らしく表現するという古の陶工達の洒脱な精神にも驚かされますが、

さらにそれをフォトフレームのように進化させた島村先生の手腕に脱帽です。

kiyochika001.jpg

 

黒井山グリーンパークにて十三代木村清近先生と十六代木村宗得先生の作品展が開催されています。

また、同時開催で瀬戸内想彫会のメンバーの新作も展示されております。

細工物の名人として数々の素晴らしい作品を残した十三代清近先生と十六代宗得先生ですが、

玉舟先生率いる想彫会の方々の陶彫作品と見比べても面白いと思います。

是非お近くにお越しの際にはお立ち寄り下さいませ。

金重素山先生の布袋

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日でゴールデウィークも最終日ですが、どのようにお過ごしでしたでしょうか。

当店でも沢山のお客様にご来店頂き、誠にありがとうございました。


片付けなども一段落しましたので、前々からご紹介したかった珍品を記事にさせて頂きます。

お客様からお借りして飾らせて頂いていた、金重素山先生の「布袋置物」です。

金重素山先生の細工物自体が大変珍しく、私は今回のもので初めて拝見致しました。

金重陶陽先生や金重楳陽先生の型とも違うオリジナルの布袋です。

お腹を外すと「七郎左エ門 二十七才 春」と彫り込まれており若いころに制作されたのが分かります。

ただ、胡麻と土味自体は明るく爽やかで、もしかすると制作から後年に火を入れたのかとも思います。


大きく凹んだ顔は満面の笑みを浮かべており、桃山後期に生まれた最初期の細工物に通ずる、

精巧さや緻密さではなく、味のある独特のユニークさで人の心を掴む魅力があると思います。

この柔和な表情は金重素山先生の人となりや作陶姿勢が如実に現れているといえ、

後に金重素山先生が円山窯や牛神下窯で手掛ける茶陶や酒呑の中にある、

「もっちりとした柔らかい膨らみ」「ゆったりとしたリズム感」と同じ呼吸を感じ取ることが出来ます。

現在も当店で展示させて頂いておりますので、是非ご来店頂きご覧下さいませ。

 

sozanhotei201604221.JPG

細工物によくある堅く焼き締まった感じではなく、柔らかな土味となっています。

 

sozanhotei201604222.JPG

大変高い技術で制作されていますがそれを感じさせず、見ているだけでリラックスしてしまう柔和な表情となっています。

 

sozanhotei201604223.JPG

本名の「七郎左エ門」の書き込みがあります。

おくれてきたねこ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

暖かくなってきたこともあり、三連休では沢山のお客様にご来店頂くことが出来ました。

足をお運び下さり誠に有難うございました。


さて、お店の方もひと段落となりましたので、

お客様のコレクションの中から特別にお借りした、一風変わった珍品をご紹介していきたいと思います。

本日の第一弾は島村 光先生の「おくれてきたねこ」です。

島村先生といえば第74回山陽新聞社賞を受賞されたことが記憶に新しいですが、

その他にも沢山の賞を受賞された、細工物一筋の大ベテラン作家です。


先日の山陽新聞社賞受賞の際のインタビューでも、

「技術だけではなく先人たちの心を伝えたい」とご回答されていたように、

脈々と受け継がれてきた備前の伝統の中身を大変大事にされておられる方です。

そして伝統を大事にするからこそ自分らしい表現で新たな細工物の道を切り拓いておられます。

今回の「おくれてきたねこ」に代表される洒脱で瑞々しいモチーフが島村先生の持ち味ではないでしょうか。


「おくれてきたねこ」というのは十二支の話から着想を得ており、

ねこは十二支を決める日取りを一日遅くねずみに教えられた為、

十二支はおらず今でもねずみを追いかけているというお話が有名ですね。

今回の作品でもねこの少し間抜けなポーズが何とも愛嬌があり、

見ていて遅れてしまった事を残念がっているのかな、と感じます。

また、見方を変えてみれば偉大な先人たちを十二支として、

島村先生ご自身がおくれてきたねことして自分らしさのある細工をする、

そして次の世代へとバトンを繋いでいく、といった気持ちではと考えてしまいます。

備前細工物の王道である十二支への島村先生流のユニークなアンサーではないでしょうか。

 

simamuranekoblog201503221.JPG

転げたような伸びをしているような何ともユニークなポーズです。

 

simamuranekoblog201503222.JPG

肉球やしっぽの太さなど簡素で分かりやすく、しかし精密さのある見事な作りです。

 

simamuranekoblog201503223.JPG

やや前作で胡麻緋襷の穴窯焼成となっています。

 

参考出品 size:径14.0cm×径13.6cm×高さ4.3cm

春湖先生の見事な獅子が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は西村春湖先生の見事な玉獅子が入荷しました。

春湖先生といえば金重陶陽先生、三村陶景先生と並ぶ備前の三名工と呼ばれていますね。

見事な技術に裏打ちされた洒脱でユニークな細工物を多く遺しており、

島村 光先生など現代作家の中にもファンが多い名人中の名人のような方です。

 

syunkosisikoro20160203blog1.JPGsyunkosisikoro20160203blog2.JPG

名人芸の極致ともいえる後ろ脚を跳ね上げた「跳ね獅子」は流石としか言いようがありません。

 

今回はそんな春湖先生の中でもとびきりの逸品ではないでしょうか。

後ろ脚を跳ね上げたスタイルは大変難しく、限られた人しか出来ない名人芸の極致とも言えるものです。

玉には見事な牡丹の浮かし彫りが入っており、躍動感溢れる獅子と相まって、

まるで転がり続ける玉に興味を示した獅子がピョンと飛び乗ったかのようです。

 

更に何と言っても見事なのは全体のバランス感ではないでしょうか。

あくまでも人々が作り出した想像上の動物に過ぎない獅子を、

まるで実際にスケッチしてきたと言わんばかりのリアリティがあります。

このリアリティが説得力となって見る者へと働き掛け、

作品にまるで骨と肉と皮が存在しているかのような錯覚を与えるのでしょうか。

 

syunkosisikoro20160203blog3.JPGsyunkosisikoro20160203blog4.JPG

跳ね上げた後ろ脚は鋭い爪までも再現されており驚くべき緻密さがあります。

 

(初代 藤原楽山/青備前菊香炉 共箱)
size:径13.1cm×径12.3cm×高さ21.3cm price:お問い合せ下さい
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(西村 春湖/獅子香炉 共箱)    

size:径13.1cm×径12.3cm×高さ21.3cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

本年もどうぞよろしくお願いします

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

遅くなってしまいましたが明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

時期的には過ぎてしまいましたがお正月に因んだ、

備前焼で出来た目出度い菊の花をご紹介したいと思います。


blograkuzankikukoro201601.JPG
blograkuzankikukoro201602.JPG

青備前ですが二代以降の青と違い、グレーで鉄のような雰囲気があります。

窯変の朱色が出ないのも初代の特徴ですね。

 

名工として知られた初代 藤原楽山先生の青備前菊香炉です。

特に藤原楽山の代名詞とも言えるのがこの菊香炉ではないでしょうか。

実は楽山菊香炉は二つとして同じ細工のものはないと言われています。

同じように見える菊香炉でも、細かな部分の細工が全て違っているそうです。


その中でも本作は稀に見る非常に手の込んだ作りとなっており、

初代楽山先生の菊香炉の中でもトップクラスの逸品ではないでしょうか。

編みこみのようになった火屋部分や、立体的に垂れかかった菊と葉など、

備前粘土の限界へと挑戦するような極上の逸品です。

現在、本作は当店ショーケースにて展示中ですので、

枯れることのない菊の花を是非一度ご覧になってみて下さい。


blograkuzankikukoro201603.JPG

非常に細かい菊花と、柔らかな質感までも表現した葉が見事です。

 

blograkuzankikukoro201604.JPG

編み込み状になった蓋の細工はまさに名人芸の極致です。

実物は鉄のような雰囲気と相まって銀火屋のようです。

 

(伊勢崎晃一朗/引出黒茶碗 共箱製作中)
size:径18.3cm×径13.3cm×高さ9.6cm price:¥400,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(初代 藤原楽山/青備前菊香炉 販売店箱)

size:径18.3cm×径13.3cm×高さ9.6cm price:売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

木村宗得 秀作展のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

soutoku001.jpg


皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

9月5日より木村宗得先生の秀作展が黒井山グリーンパークにて開催されます。

17代 木村玉舟先生の企画による木村宗得先生の作品展で、

なかなか目にすることの出来ない貴重な作品が展示されるそうです。

また、併せて日本陶彫会・瀬戸内思彫会の合同選抜展も開催されます。

皆様是非足をお運び下さい。


場所:岡山ブルーライン 黒井山グリーンパーク(701-4501 岡山県瀬戸内市邑久町虫明5165-196)

電話:0869-25-0891

会期平成27年9月5日(土)~9月13日(日)

細工の美~獅子香炉~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

例年よりは涼しく感じられますが、もうそろそろ夏本番といったところでしょうか。

夏恒例の洗濯物にクワガタムシがぶら下がっていることが多くなってきました。


さて、本日は企画展細工の美の最後の作品をご覧頂きたいと思います。

細工物の名工として知られ、備前焼作家にもファンが多い西村春湖先生の獅子香炉です。

菱型の造形に特徴的な耳付けを施しており、見応えがある香炉に仕上がっています。

蓋の部分の透かしなども抜群の丁寧さがあり、流石と言わざるを得ません。

菱の角や透かしや耳など、備前土らしい柔軟さを活かしたシャープな作りとなっており、

これだけの仕事ぶりであっても焼成時の窯疵などなく驚かされます。

 

syunkokoro201507021.JPG

蓋にはカラッとした黄胡麻が乗り、暗めの土味に華を添えています。

 

syunkokoro201507022.JPG

裏面は桟切り窯変になっています。獅子の精悍な体つきが見事です。

 

さて、お気づきの方も居られるでしょうが、実はこれは極小サイズの香炉です。

電池と比較するとご覧の通り、香炉というよりも香合に近いサイズとなっております。

本当に言葉通りに掌にそっくりそのまま乗ってしまいます。

 

shunko-hikaku.JPG

単三電池と比較してみました。

 

syunkokoro201507023.JPG

顔は胡麻が掛かってしまいちょっと惚けたような可愛い顔つきになっています。

ディズニーアニメの虎が笑っているように見えて本当にユーモラスです。

 

syunkokoro201507024.JPG

「別名箆仕事というくらいに、細工は箆が命」と島村先生が仰っていましたが、

内側や蓋裏の箆削りによる仕上げを見てその言葉の意味がよく分かりました。

 

syunkokoro201507025.JPG

裏には虎の肉球のような可愛い脚が付いています。

 

今回の手乗り獅子香炉、そして企画展細工の美は如何でしたでしょうか。

人間の限界に挑戦するような細工物は見ていて圧倒的な濃さがありますが、

そのどれもにユーモラスや美意識やちょっとした工夫が盛り込まれ、

人間臭さが良い意味で働いて、素晴らしいスパイスになっているように思います。

桃山時代後期から江戸時代初期にかけて伊部の陶工たちによって生み出された細工物は、

架空の存在である獅子や布袋を実にユーモラスに描写し大変な人気が出たと伝え聞きます。

極限まで磨き上げた技と、人間だけが持つユーモアが一体となって不思議な魅力を持っていますね。

 

(西村春湖/獅子香炉 ※当時の販売店書付の箱)
size:耳含む径10.8cm×径6.4cm×蓋含む高さ7.3cm price:\96,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(西村春湖/獅子香炉 ※当時の販売店書付の箱)

size:耳含む径10.8cm×径6.4cm×蓋含む高さ7.3cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

細工の美~達磨大師像~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は細工の美として初代大饗仁堂先生の面白い達磨大師像をご紹介致します。

大饗仁堂先生は岡山県指定の重要無形文化財保持者に認定され、

大正から昭和初期にかけて細工物で名品を数多く残した方です。

現在でも細工物や宝瓶等のお問い合わせも多く、根強い人気のある名工です。


さて、本作はその仁堂先生が手掛けた達磨大師の大きな陶像です。

高さは実に40cmを越えておりかなり大型の部類に入ります。

獅子などの四足獣と違い、二本の足で屹立し天を睨め上げています。

備前の細工物は土質故に焼成時に変形や破損をする事が大変多く、

これだけの大型の物が二本足で見事焼き上がっているのには驚かされました。


達磨大師の意匠も見事で、日本では赤い法衣を纏って座禅する姿が有名ですが、

本作はインドや中国で行者として各地を渡り歩いているかのような印象を受けます。

風にたなびくような法衣とその下に隠された筋骨の細工表現も秀逸で、

荒涼とした大地を救いを求める人を探して彷徨う光景が浮かんできますね。

確かな技術に加えて、豊かな感性に基づいた表現力をもった仁堂先生の秀作です。


jindo20150616blog1.JPG

天を睨め上げて屹立する達磨大師はなんとも迫力があります。

 

jindo20150616blog2.JPG

耳飾り、眉毛、顎の具合など、まるで直接見てきたかのような世界観の広がりを感じます。

 

(初代 大饗仁堂/達磨大師置物 箱なし)

size:径約20.5cm×径約20.5cm×高さ約44.0cm price:¥200,000

※腰の法衣先端に小さな削げが三箇所有り、詳細な画像を送付出来ます。

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

(初代 大饗仁堂/達磨大師置物 箱なし)

size:径約20.5cm×径約20.5cm×高さ約44.0cm price: 売約済

※腰の法衣先端に小さな削げが三箇所有り、詳細な画像を送付出来ます。


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

細工の美~真珠備前宝瓶~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

画像の宝瓶はお客様のコレクションである入江光人司先生の宝瓶です。

最近は入江先生の細工物の技術が再評価されているようで、

日本のみならず海外でも人気が高まっているのだそうです。

こちらは貴重な「真珠備前」で、柔らかなピンクの土味が宝石のように艶々と輝いております。

見惚れてしまうような見事な発色を引き出す焼成技術も然ることながら、

手捻りによる宝瓶造りに生涯を捧げる入江先生らしい緻密な仕事振りにも驚かされます。

造り手の情熱の込もった一品でお茶を頂くひと時はこの上なく贅沢な時間となるでしょうね。

 

iriehohin20150609blog1.JPG

肌全体がまるで光るようなピンク色になっています。

 

iriehohin20150609blog2.JPG

桃、葉、本体で土を変えて発色を分けています。

それぞれの土の最適な温度帯も変わってくるので窯焚きにも最新の注意を払っています。

 

(入江光人司/真珠備前宝瓶)

size:口含む径10.4cm×径9.2cm×高さ6.7cm ※参考出品


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

画像の宝瓶はお客様のコレクションである入江光人司先生の宝瓶です。
最近は入江先生の細工物の技術が再評価されているようで、
日本のみならず海外でも人気が高まっているのだそうです。
こちらは貴重な「真珠備前」で、柔らかなピンクの土味が宝石のように艶々と輝いております。
焼成も然ることながら、手造り宝瓶に生涯を捧げる入江先生らしい緻密な仕事振りにも驚かされます。
造り手の情熱の込もった一品でお茶を頂くひと時はこの上なく贅沢な時間となるでしょうね。

第61回 陶彫展開催のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

9月17日より瀬戸内市役所牛窓庁舎内の瀬戸内市立美術館にて、

日本陶彫会と瀬戸内想彫会の皆様の協賛で、

第61回陶彫展と第11回瀬戸内想彫会展が開催されます。

是非皆様お誘い合わせの上、ご来場下さい。

 

touchouten001.jpg
touchoutem002.jpg

金重陶陽先生の枡蓋置が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は夏らしい強い日差しとなっており、空も雲も高く感じます。

窓辺にミヤマクワガタを見かけたので、夏の風物詩のセミの大合唱ももうすぐでしょうか。


さて、本日は金重陶陽先生の珍品が入荷しましたのでご紹介させて頂きます。

昭和初期の土'時代に制作された備前枡蓋置です。

枡シリーズは様々な種類を制作されており、

今作はシンプルな枡のみのタイプとなっております。

蓋置と箱書きされていますが、見事な造りで酒呑としても楽しめそうです。

 

toyo_masu001.JPG

各面毎に「福」「大」「京」と刻印されています。京枡を連想します。

 

toyo_masu002.JPG

底部にも「福」の字が。なんだか枡に福で豊穣をイメージさせ縁起が良いです。


今作は塗り土がやや浅くなっており、刻字がとてもはっきりと見えます。

胡麻の乗りも良く、眺めるだけで楽しい逸品となっております。

珍しい作品ですのでご売約頂いたお客様より許可を頂き、

暫くの間川口陶楽苑の金重陶陽先生のスペースにて展示しています。

お近くにお越しの際は是非一度ご覧下さいませ。


 

(相賀真志郎/備前叩き皿  size:径31.5cm×径31.4cm×高さ3.8cm  price:¥28,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(金重陶陽/備前枡蓋置  size:径5.9cm×径5.7cm×高さ4.3cm  price:売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

 

瀬戸内想彫会展

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。
さて、先日牛窓にある瀬戸内市立美術館へ「瀬戸内想彫会展」を観に行って来ました。
役場の三回に新設された美術館で、広々としてとても良い展示スペースとなっておりました。

木村玉舟先生に学ばれたメンバーの皆さんの手作り陶彫の作品群は、
動物や人物のモチーフを中心に、土の塊から生み出されたとは思えない程に、
繊細で力強くユニークなものばかりでした。
動物や人物のモチーフは表情が命とも言えると思いますが、
生き生きとした豊かな表情が感じられるものばかりで、
メンバーの皆さんが真剣な想いで土と向き合っておられるのだなと感じました。

代表者である玉舟先生の作品も展示されていましたが、圧巻の大作が並んであり、
さすが備前陶彫の第一人者であるなと感心致しました。
とくに白備前の髑髏に白備前の蛇が合わさった作品は、
蛇の瞳の部分にはピンク色に発色する土が使用されておりとても見応えがありました。
入館料は無料で7日(水)まで開催中ですので、牛窓観光の際には是非お立ち寄り下さい。

totyokaiten201211.JPG

瀬戸内想彫会展が開催されます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
EPSON001.JPG
EPSON002.JPG瀬戸内市立美術館ギャラリーSで瀬戸内想彫会展が開催されます。
瀬戸内想彫会は山陽新聞カルチャースクールの生徒さんによって結成された手づくり陶彫を中心としたグループです。
それぞれの心のなかにある「想い」を動物たちの姿を借りて「彫る」ことをコンセプトに、
メンバーの皆さんで作品を持ち寄って今回のグループ展を開催されるそうです。
木村玉舟先生が中心となって活動されており、非常に個性豊かな作品群になると思います。

会期:平成24年 11月1日(木)から7日(水)
場所:〒701-4392 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4911 瀬戸内市役所牛窓庁舎3階
    電話0869-94-3130