タグ「花器」が付けられているもの

藤田哲英先生の作品が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は新進気鋭の若手作家、藤田哲英先生の作品をご紹介したいと思います。

ちょうど先日、お客様と藤田先生の工房へお伺いする機会があり、

その際に別冊炎芸術の備前特集号掲載の象嵌花器と、

山陽新聞社発行の備前焼作家・窯元名鑑掲載の象嵌水盤を頂いてきました。


藤田先生は2007年の倉敷芸術科学大学の大学院修了後に独立され、

牛窓に登り窯を築かれ線象嵌の作品などを中心に発表されている注目の若手作家です。

今回の作品二点も特徴的な線象嵌により加飾されており、

備前焼の素朴な肌合いの中に幾何学的な象嵌が合わさってとてもお洒落です。

いつもの見慣れた備前の肌が何か別のモノへと変貌したかのように、

新しい備前焼のカタチとしてとても新鮮で瑞々しく映ります。

また、どちらもかなり大型の作品ですが、とても丁寧に造り込まれており、

美しく整った土肌はただそれだけで美しいと感じさせてくれます。

 

備前線象嵌花器

hujitasuiban.blog201706131.jpg
hujitasuiban.blog201706132.JPG

登り窯らしい炭桟切り模様が、象嵌の幾何学的な模様と合わさり、

静と動のような対比となって見慣れた桟切りがとても斬新に感じます。 ※こちらの作品は売約済です。

 

緋色線象嵌水盤

hujitasuiban.blog201706133.JPG
hujitasuiban.blog201706134.JPG
hujitasuiban.blog201706135.JPG
hujitasuiban.blog201706136.JPG
hujitasuiban.blog201706138.jpg

こちらも見慣れた備前焼の肌が白と黒の象嵌で、全く新しい表情を見せています。

非常に大型の水盤ですが、緻密に織り込まれた象嵌の肌自体に見応えがあり、

そのまま飾っても楽しめます。


(藤田哲英/緋色線象嵌水盤 共箱) 

size:径約50cm×径約50cm×高さ約9cm price: ¥216,000


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

金重まこと先生の備前鍔口花入のご紹介

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

先日岡山県でも梅雨入りが発表され、いよいよ本格的な梅雨到来ですね。

裏庭の筍もこの時期になるとあっという間に伸び上がっていて驚かされます。

そんな筍のように真っ直ぐに伸びた気持ちの良い花入をご紹介したいと思います。

当店にて販売させて頂いたものですが、お客様のご厚意により撮影させて頂きました。

 

makotohanaire20170609blog1.JPG
makotohanaire20170609blog2.JPG

力強い箆とカセが一つなっており、金重 愫先生らしい世界観を持っています。

 

makotohanaire20170609blog3.jpg

別冊炎芸術の備前特集号に掲載された花入です。


酒器の名人として人気の金重 愫先生の備前鍔口花入です。

非常にダイナミックな造形となっており、かなり大きな粘土塊から上部分を一気に引き伸ばし、

厚みのある状態で残った下部分も、ごっそりと箆で粘土を削り取っています。

「鍔口」と呼ばれる大きく開いた口縁部の作りも粘土の広がりがとても力強いです。

分類としてはやや小型にですが、伸びやかでエネルギッシュな造形が小ささを感じさせません。


また、景色も極上のカセ窯変となっており、裏も表も見応えがあります。

お酒好きの方などはついついお酒を擦り込んで育ててやりたくなるのではないでしょうか。

緋色の発色が大変素晴らしく、花を活けずともずっと眺めていられる楽しさがあります。

これから暑い夏を迎えますが、今夏も楽しみな窯出しが続きますので是非ご期待下さい。

(今後の新作入荷予定は伊勢崎 淳先生とお弟子さんの曽我 尭先生です)

本日の更新は金重陶陽先生に師事し、最期の弟子としてその技術と志を受け継いだ、

和仁栄幸先生の正興時代の備前ひだすき四方筒花入です。

昭和62年2月までの陶歴書が同封されており、その頃に制作された作品であると思われます。

叩き伸ばして作った一枚の板を四方型のものに巻き付けながら制作したもので

四方型ながらも手づくりの柔らかさや温かみのある造形が持ち味となっています。

流石陶陽先生・素山先生の両氏より厳しい指導を受けた和仁先生らしく、

素朴で温かな味わいの緋襷は、緋襷の発色も土味も抜群の色合いとなっています。

師の教えである「作り手の心が美しくなければ美しいものは生まれない」との言葉を胸に、

今もまだ晴耕雨読の生活を続ける和仁先生らしい見ていて心安らぐ逸品です。

シンプルな筒型で花を活けやすく、場所も取りませんので、

お手軽に生活の中に備前の花器を取り入れられます。

 

20170225wani001.JPG

 

(和仁正興/備前ひだすき四方筒花入 共箱) 

size:径6.8cm×径6.6cm×高さ29.5cm price: 売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

追加画像はこの下へ

 

20170225wani002.JPG

 

20170225wani003.JPG

 

20170225wani004.JPG

 

20170225wani005.JPG

 

20170225wani006.JPG

 

20170225wani007.JPG

I氏賞選考作品展のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

I001.jpg

 

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

先日の寒波で備前地方も稀に見る寒さとなりました。

幸いこちらの方では雪が積もる事はあまりなかったのですが、

水道の凍結が多かったそうです。


さて、本日はI氏賞選考作品展のお知らせです。

岡山県新進美術家育成「I氏賞」とは岡山県高梁市出身の伊藤謙介氏から、

「岡山県に縁のある若手美術家の育成に役立ててもらいたい」とのご意向で寄せられた寄附金を基に、

平成19年3月に設置した「岡山県新進美術家育成支援基金」により運営されています。

今回陶芸では中原幸治先生がマーブル土のオブジェと花器を出展されています。

2月7日まで岡山天神山文化プラザで開催されておりますので是非お近くにお越しの際はご覧下さい。

 

I002.jpg

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日も引き続き伊勢崎晃一朗先生の窯出しされたばかりの新作をご紹介します。

今回ご紹介するのは「宙の器 ソラノキ」と題されたオブジェです。

中央部には穴が空いており、少量の花ならば活けることも可能となっています。


今回の作品はラグビーボール状に粘土を成形した後に、

ナイフで1/4をカットしてエッジを立たせています。

「宙の器」のタイトル通りに宇宙を漂うロケットのような雰囲気がありますね。

皆さんはどのような印象を持たれたでしょうか。

このような作品では人によって見え方が違いますので、

お互いの見え方についてお客人と語らい合うのも楽しいですね。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog1.JPG

私の場合はどことなく種のように感じます。

造形と中心の穴を見ていると宇宙を漂う種が萌芽したように見えてきました。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog2.JPG

奥側の土にはナイフで切れ込みを入れず引きちぎることで、土の貌を出しています。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog4.JPG

背面から土砂降りの雨のように胡麻を受け、虎の縞模様のような黄胡麻を形成しています。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog3.JPG

背面は一面に黄金の胡麻が広がっています。

脇には窯から垂れた灰の雫がアクセントになっています。

 

(伊勢崎晃一朗/宙の器 鼎部分含むsize:径9.6cm×径9.0cm×高さ29.7cm ¥50,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(伊勢崎晃一朗/宙の器 鼎部分含むsize:径9.6cm×径9.0cm×高さ29.7cm 売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

 

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

新春特別企画~巨匠たちの器展~8

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日の新春特別企画は第八弾として、島村 光先生の備前枡のご紹介です。

高いデザイン力と情緒豊かなセンスで現代細工のトップを走っておられます。

また大変寡作でとても高潔なポリシーを持った名工と呼ぶに相応しい方です。


島村 光先生の枡といえば一合枡が最もポピュラーですが、

本作は一升枡となっており、大変存在感のある作品に仕上がっています。

これだけの大きな箱型の造形ですが歪みやひび割れなどが一切無く、

驚くべき精度で土の厚みなどを計算して制作されていることが分かります。

特に球体状ではなく板を張り合わせた立方体に近い造形ですので、

破損や変形の危険も格段に高かったのではないかと思います。

それだけ高い技術で制作されていますが、その技術を鼻にかける事無いので、

島村 光先生らしい飄々とした雰囲気があり気軽に楽しく使えそうです。

節分が近いので豆などを入れられても面白いかもしれません。


simamuramasu20150127blog1.JPG

よく見ると枡の組み合わせ部分は象嵌で表現されています。

 

simamuramasu20150127blog2.JPG

この内面の平坦で凹凸のない美しい処理には驚かされました。

 

simamuramasu20150127blog3.JPG

新たに使用されている陶印は「振り返る馬」だそうです。

 

新春特別企画 巨匠たちの器展如何でしたでしょうか。

書き手として作品単体を見るだけでは分からなかった事が、

連続記事の別作品と比較することで色々と発見に繋がったように思います。

使いながら作り手の気持ちが感じられるのが備前焼などの工芸品の良い所だと感じます。

目で見て肌で触れて唇で味わう。そして焼き締まった音を聞き、良い香りに誘われる。

そうやって五感を通して作り手との語らい、ぶつかり合い、打ち解け合う。

これからも感動して頂ける器をご紹介できるよう努力していきたいと思います。

巨匠たちの器展ご覧頂きありがとうございました。


(島村 光/備前大枡 size:径18.3cm×径18.4cm×高さ9.2cm ¥120,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(島村 光/備前大枡)

size:径18.3cm×径18.4cm×高さ9.2cm price: 売約済

 

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

新春特別企画~巨匠たちの器展~7

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日の新春特別企画第七弾の更新は、金重晃介先生の備前手鉢のご紹介です。

先日の更新で兄である金重道明先生の伊部鉢をご紹介させていただきましたので、

今回の記事と見比べて頂くと新たな発見があるやも知れません。


今回の作品は、金重晃介先生の窯出しの際に見掛けて一目で気に入った作品です。

金重一門らしい手間暇を掛けた土作りによって大変素晴らしい窯変となっております。

その土作りはまるで祈りにも近しい清らかさすら感じさせるものであり、

その清らかさや尊さ故に、その道を往くことの険しさを感じさせるものでもあります。

そのか細い祈りによって手繰り寄せられた奇跡の土味が、美しさと儚さを併せ持っており、

備前焼の中の侘び寂びに良く似合っているのだと感じます。

 

金重晃介先生の作品をお買い上げ頂く時などにお話させて頂いているのですが、

窯出しや鑑定などで金重晃介先生の工房へお邪魔させて頂く際に、

いつお伺いしても必ず整理整頓された状態でお出迎え頂いています。

やきもの作家の工房といえば試行錯誤のるつぼのようなものであり、

飛散した泥漿や土を削った欠片等で散らかっているのが当然なのですが大変異質です。

金重晃介先生の工房では削った欠片等は必ず一箇所にまとめられ、再利用される時を待っています。

金重一門らしい土を大事にする教訓だな、と思いそのままお客様にお話していましたが、

今回の記事を書き起こしてみて、なるほど祈りを捧げる教会のようであると認識を改めました。

 

kosuketebati20150123blog1.JPG

口縁部の反り方、斜めに入った櫛目だけで晃介先生らしさが出ています。

 

kosuketebati20150123blog2.JPG

灰被りと黄胡麻の黒と金に、緋色の抜けが相性バッチリです。

 

kosuketebati20150123blog3.JPG

裏面の橙色系の柔らかな土味が、あばた高台によってねっとり感を更に強調されているように思います。

 

(金重晃介/備前手鉢 size:径27.7cm×径26.4cm×高さ15.4cm ¥300,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(金重晃介/備前手鉢 size:径27.7cm×径26.4cm×高さ15.4cm ¥300,000)

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

新春特別企画~巨匠たちの器展~6

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日の新春特別企画は第六弾として金重道明先生の伊部鉢をご紹介します。

金重道明先生が逝去されて今年で丁度20年となります。

今なお多くの愛陶家を魅了してやまない道明備前の魅力がたっぷりと詰まった逸品です。


本作は箱書きに「初窯庚申」と記載されており、1980年制作の作品となっています。

また、岡山高島屋にて開催された金重道明作陶展の出品作で、

その当時お買い求めになられた方から直接分けて頂いたものです。

剛先生にお話を伺うと、1980年に築いた窯は元々金重陶陽先生の窯で、

大変気難しい窯だったのですが、道明先生の窯焚きに合わせて改良されたものだそうです。

それ以後の作品はこの窯で焼成され、没後は息子である巌先生と剛先生に受け継がれたそうです。


私見ですが未だに衰えない道明先生の人気の秘密はここにあるのではないかと思います。

陶陽先生や素山先生という大名人の作陶を間近で見ながらも、

道明先生はただそれを模倣しただけの物は作っていません。

あくまでも自分の焼きを模索し、陶陽先生の窯を自分流に改良したように、

作風もまた自らの持ち味を活かしたとびきり真面目で一際丁寧な道明備前を確立されています。

それこそが色褪せない魅力となって、今も愛陶家を魅了し続けるのでしょうね。

 

mitiakihati20150122blog1.JPG

土を第一に考える教えを守り、自らの美を磨く。

素晴らしい窯変と真面目で素直な作風がベストマッチです。

 

mitiakihati20150122blog2.JPG

裏面もまるで夕焼けのような見事な緋色に。

市販の陶土を使用してみると、この土味を出すことの大変さが身に沁みてよく分かります。

 

mitiakihati20150122blog3.JPG

この緋色が濡れる事でさらに美しく発色します。

釉薬を用いない備前焼ならではの変化ですね。

 

(金重道明/伊部鉢 size:径31.8cm×径31.8cm×高さ6.1cm ¥350,000)

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

新春特別企画~巨匠たちの器展~4

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は藤原 雄先生のとても豪快な擂鉢をご紹介します。

陶印から見ても人間国宝に指定されてからの作品で、

溌溂と漲るパワーを感じられる堂々とした作品です。


生涯にわたって自分のスタイルを変えること無く、

単純明快・豪放磊落の作風を貫き通した藤原 雄先生は、

壮年期であっても伸び伸びとした大型の作品を多く作っておられます。

まるでいつまでもデビューした手の若手作家のように自由で、

あくまでも楽しみながら自分が好きになれる作品を作り続けていたように思います。

藤原 雄先生の代名詞ともなった壷も、弱視という大変なハンディキャップを持ちながら、

自分のスタイルを貫き独自の作風の壷で世界に備前焼の輪を広げられました。

藤原 雄先生の作品は他人からの評価など気にするな、

自分の信じる道をいきなさい、と励ましてくれるかのようです。

 

yuhati20150119blog1.JPG

藤原 雄先生の黄胡麻は独特のザラザラとした触感になっています。

 

yuhati20150119blog2.JPG

古備前の時代では備前擂鉢投げても割れぬと謳われたそうです。

 

yuhati20150119blog3.JPG

裏面の紫蘇色には揺らぎがあり、赤が濃い部分と紫が濃い部分に分かれています。

 

(藤原 雄/備前片口鉢 size:径33.6cm×径33.4cm×高さ12.1cm ¥190,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(藤原 雄/備前片口鉢 size:径33.6cm×径33.4cm×高さ12.1cm ¥190,000)

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

森本良信先生の新作が入荷しました~2014年秋冬~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は窯出しされたばかりの森本良信先生の新作をご紹介したいと思います。

今回は柔らかな土味の表現や胡麻と灰被りのコントラストなど、

柔らかさや温かみのある色合いの表現にこだわっておられるように思えました。

作品は全て岡山市の狸庵文庫美術館にて展示発表されていたものですが、

陶印もやや変化し土味の表現など新たなステージの始まりを予感させるものばかりでした。

 

morimototyukoblog201412032.JPG

古陶磁にあるそろばん壺をイメージした愛嬌のある造形です。

 

morimototyukoblog201412031.JPG

左は満タンで一合、右は満タンで一合強入ります。

 

右の内部

morimototyukoblog201412033.JPG

胡麻がしっかり掛かっており景色が良いです。


右の側面

morimototyukoblog201412034.JPG

ぽっと火照った頬のように見事な緋色です。


左の内部

morimototyukoblog201412035.JPG

やや強い焼き味に合わせて渋い土味です。


左の側面

morimototyukoblog201412036.JPG

強烈な灰被りを主体としながら、抜けや胡麻による奥行きを出しています。

注ぐ際に一滴垂れますので、その雫を摺りこんでやると面白そうです。

 

森本先生の新作備前注壺、如何でしたでしょうか。

本作は酒注でも壺でもないという意味で注壺と銘打たれています。

酒器として使うも良し、花器として使うも良しで、使う人によって十人十色の楽しみ方があると思います。

 

(森本良信/備前注壺) ※サイズ記載ミス修正しました

左 size:径10.6cm×径9.6cm×高さ7.6cm price:¥16,000)

右 size:径11.5cm×径10.5cm×高さ8.3cm price:売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

(森本良信/備前注壺)
左 size:径6.9cm×径6.8cm×高さ5.2cm price:¥16,000)
右 size:径6.5cm×径6.4cm×高さ5.3cm price:¥18,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

金重有邦今昔2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

さて、本日は昨日の続きとして金重有邦先生の近作の花入をご紹介させて頂きます。

端反花入と題された本作は山土を使用して制作されており、

山土の伸びの悪さによって作為的にならず、外連味の無い造形となっています。


yuhohana.20140721blog0.JPG

田土作品はとても優美でしたが、本作はまるで案山子のような「そこに或るのみ」の存在感があります。

 

yuhohana.20140721blog1.JPG

外で風雨に晒され美しく朽ち果ててゆく姿が想像できるほどに寂びた花入です。

 

yuhohana.20140721blog3.JPG

山土らしいオレンジ~紫蘇色~暗めのカセ胡麻のコンビネーション。綺麗に層を形成しています。


以前受講した講演会にて有邦先生は「歳をとり備前焼に死を感じるようになってきた」と仰られていました。

豊穣の大地、母なる大地、恵みの大地などの生の側面。

そしてすべての死を受け入れて土に還すという死の側面もあります。

山土作品にはそれらの枯れ朽ちる全てを抱きとめる土の側面が強調されているのかも知れません。

田土作品の豊潤で焼かれてもなお生き生きとした土肌と比べてみるのも面白いですね。

 

 

 

(金重有邦/備前壺花入  size:径28.3cm×径28.1cm×高さ23.2cm  price:¥160,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のH

(金重有邦/伊部端反花入  size:径14.8cm×径14.6cm×高さ26.8cm  price:¥80,000)

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

 

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

 

金重有邦今昔

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

さて、本日は川口陶楽苑にて過去と現在の面白い出会いが有りましたのでご紹介させて頂きます。

実は現在店頭にて金重有邦先生の前作の花器と近作の花器が同時に展示しております。

今日ご紹介するのは陶印が「有」時代の壺で、こちらは箱に「平成三年 十月」と書いてあります。

上品な胡麻に乙女の唇のように柔らかな緋襷が掛かり、優美という言葉がピッタリの作品です。


yuhotubo201407201blog.JPG

一見すると素山先生かと思うような同じリズムを感じる作品です。


yuhotubo201407201blog2.JPG

黄胡麻、緋襷、土味と平凡ですが奥深い味わいがあります。


yuhotubo201407201blog3.JPG

陶器であっても乙女の唇のようであります。不思議です。

 

これぞ金重といった田土の素朴な味わいが見事ですね。

さて、明日は近作の山土を用いた花器をご紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。


 

(金重陶陽/備前枡蓋置  size:径5.9cm×径5.7cm×高さ4.3cm  price:売約済)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(金重有邦/備前壺花入  size:径28.3cm×径28.1cm×高さ23.2cm  price:¥160,000)

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

 

さくらんぼを頂きました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

tomori.sakuranbo.JPG


皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。
ここ数日の夏日で半袖を引っ張りだしてきました。
桜の花と同様、過ごしやすい春の日は本当に短い間でした。

さて桜の花といえば、お客様からとても可愛らしいさくらんぼを頂きました。
無農薬で栽培されているそうで、美しい紅色が心を和ませてくれます。

美しい紅色と葉の緑を引き立てるために、友利先生の台付花器に活けてみました。
単体でオブジェとしても飾れるのですが、蓋を取り外して一輪活けとしても使用出来ます。
作品の赤みの強い土味が花の色を引き立ててくれるように思います。 
可愛らしいさくらんぼを本当にありがとうございました。 

素敵な春のお便りを頂きました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
今日は当店から伊勢崎晃一朗先生の花器をお買い上げ頂きましたお客様から、
素敵なお写真を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

kouichirou.jpg花器自体のダイナミックな造形と早咲きの桜の背の高さを活かした迫力のある構図です。
直接床に置いて頂いたのが、更に迫力を活かしつつ圧迫感を出さない事に繋がっています。
小洒落たお店の玄関のように「異空間」でありながら「入りやすい」という印象がありますね。

壁に光が当たるように調整された証明は、彫刻のようにノミで削り出された多面体の造形に光が差し、
まるでミラーボールのように乱反射して輝いているように思います。
何とも素敵な春のお便りを本当に有難うございました。