タグ「黒」が付けられているもの

馬場隆志先生の窯出しがありました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

備前地方では春を通り越して一気に夏が来たかのような暑い日が続いております。

ただ、夜などはやはり少し寒くなりますのでくれぐれも体調管理等にはお気を付け下さい。


さて、現在川口陶楽苑では冬から春にかけての窯出しラッシュで、

今の備前を代表する方々の魅力的な新作が沢山入荷しています。

伊勢崎 淳先生と晃一朗先生、市川 透先生、中村 真先生と和樹先生など、

魅力的な新作をHPやブログなどで随時ご紹介できればと思っております。


本日のブログ更新ではその中から久々の入荷となった、

馬場隆志先生の新作をピックアップしてご紹介させて頂きます。

今窯では馬場先生はまた新しい「カタチ」の表現を身につけられたように感じます。

東京芸大の同期の女性作家・正親里紗先生とのコラボ展がありましたので、

そこでまた刺激を受けて大きくステップアップされたのだと思います。

 

babasinsaku20180425blog1.jpg

黒窯変による蒼シリーズの酒器です。深いコバルトブルーが素敵です。


大小様々な器種から大きなオブジェやモニュメントまで制作される馬場先生ですが、

サイズや用途は違えども一貫した鋭い切り口による独特のスタイリッシュな表現が魅力です。

そこへ馬場先生の十八番である黒蒼や金彩が合わさり独特の魅力ある作風となっています。

素晴らしい作品が入荷しておりますので、気になる方は是非お問い合わせ下さいませ。

川口陶楽苑のHPでもご紹介していく予定となっております。

 

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

 

babasinsaku20180425blog2.jpg

馬場先生のもう一つの代表作である金彩シリーズの酒呑です。

 

babasinsaku20180425blog3.jpg

流れ胡麻が美しい黒茶碗です。オリジナリティ溢れる造形となっています。

芳照黒~高力芳照先生の黒酒器~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は当店イチ押しの作家の一人である高力芳照先生の変わり種の作品をご紹介します。

本作は今までの作品には無かった「黒徳利・黒酒呑」と銘打たれており、

浴びせ掛けるような大量の胡麻に黒い土味が合わさった特殊な作品です。

徳利の方は古備前の大甕の上に置かれた大皿の裏などに見られる、

喩えるならば絵の具、べったりとしていてよく溶けた液状の胡麻が出ています。

酒呑の方も徳利に負けず劣らず非常に存在感のあるものとなっており、

見込みには胡麻を集めて透明化させた、黒曜石のような景色が広がっています。

瀟洒な作品を嫌い、野暮さや外連味の無さが心地よい温かみを生む高力作品にあっては、

なかなかに異質な「華」と「飾りっ気」がある作品群となっています。


実は本作は珍しく二度焼きをして焼き上げられた作品で、

それ故に粘土中の鉄分を吸い出したかのような黒の肌が発生しているとの事です。

徳利の正面、酒呑の見込み、これらの熱量を推察してみれば、

確かに一度の窯焚きでは物足りない気がしてきます。

徳利のべったりとしていて絵の具のような胡麻が、肌の凹凸や石に合わせて蛇行する様子や、

人の身にあっては立ち入られぬ1000度をゆうに超える窯の内部にて、

飛び交う胡麻を集めて盃で掬い取ったような見込みの神秘的な景色等、

窯焚きの荒行のような側面、炎の神秘性を強く想起させる作品になっています。

新しい窯を出す度に研究を重ねて精進を続ける高力先生らしい意欲作と言えますね。

 

yositerusyuki20150610blog1.JPG

真正面には浴びせ掛けるような胡麻の嵐があり、一目で高力作品の中でも異質な作品と感じます。

 

yositerusyuki20150610blog2.JPG

裏は溶けたチョコレートのような色合いの土味と黒が交じり合っています。

 

yositerusyuki20150610blog3.JPG

絵の具のように濃い黄胡麻が、ところどころでは透明な黒い胡麻となって楽しませます。

 

yositerusyuki20150610blog4.JPG

揺らめく炎のような黄胡麻に濃厚なチョコレートの味わいはまるで古備前です。

 

yositerusyuki20150610blog5.JPG

胡麻の中心には黒曜石のような結晶が現れて、盃の形状と合わせてまるで日蝕のような景色となっています。

 

yositerusyuki20150610blog6.JPG

裏面は炎の流れに合わせてチョコレートと黒が切り替わっています。

触ると溶けてしまいそうな味わいがあります。

 

(高力芳照/黒酒器)
黒徳利 size:径9.4cm×径9.3cm×高さ12.9cm price:24000
黒酒呑 size:径8.4cm×径8.1cm×高さ4.4cm  price:12000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(高力芳照/黒酒器各種)

黒徳利 size:径9.4cm×径9.3cm×高さ12.9cm price: 売約済

 

黒酒呑 size:径8.4cm×径8.1cm×高さ4.4cm   price: 売約済

 

 

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日も引き続き伊勢崎晃一朗先生の窯出しされたばかりの新作をご紹介します。

今回ご紹介するのは「宙の器 ソラノキ」と題されたオブジェです。

中央部には穴が空いており、少量の花ならば活けることも可能となっています。


今回の作品はラグビーボール状に粘土を成形した後に、

ナイフで1/4をカットしてエッジを立たせています。

「宙の器」のタイトル通りに宇宙を漂うロケットのような雰囲気がありますね。

皆さんはどのような印象を持たれたでしょうか。

このような作品では人によって見え方が違いますので、

お互いの見え方についてお客人と語らい合うのも楽しいですね。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog1.JPG

私の場合はどことなく種のように感じます。

造形と中心の穴を見ていると宇宙を漂う種が萌芽したように見えてきました。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog2.JPG

奥側の土にはナイフで切れ込みを入れず引きちぎることで、土の貌を出しています。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog4.JPG

背面から土砂降りの雨のように胡麻を受け、虎の縞模様のような黄胡麻を形成しています。

 

koitirosoranoutuwa20150210blog3.JPG

背面は一面に黄金の胡麻が広がっています。

脇には窯から垂れた灰の雫がアクセントになっています。

 

(伊勢崎晃一朗/宙の器 鼎部分含むsize:径9.6cm×径9.0cm×高さ29.7cm ¥50,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(伊勢崎晃一朗/宙の器 鼎部分含むsize:径9.6cm×径9.0cm×高さ29.7cm 売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

 

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は先日窯出しのあった伊勢崎晃一朗先生の新作酒呑をご紹介致します。

引っ掻き高台とでも言うべき、三叉になった特徴的な意匠が今回の目玉となっています。

この特徴的な意匠と照らしあわせて、晃一朗先生の魅力に迫りたいと思います。


まず、この特徴的な引っ掻き三叉ですが、制作方法がとてもユニークです。

この酒呑自体が手捻りで制作されており、準備段階では粘土が板状になっています。

その状態のまま、三本の線を引っ掻いて刻み込みます。

丁度三叉で引っ掻いたように粘土の板に線が三つ記憶されます。

その上で板状の粘土を膨らませるように立ち上げていき、最終的にこの酒呑の形となります。


その膨らませる作業の際に、前述の刻み込まれた三叉の引っ掻き線が広がり、

引っ掻き部分とそうでない部分で高低差が発生し、脚のようになって引っ掻き高台になります。

その際に土自体には触れることなく、土の性質に沿って変形していく為、

人為的には出すことの出来ない自然体の表情が表現できます。


これが今回のタイトルである「土の貌 つちのかたち」と表現させて頂いたものであり、

伊勢崎晃一朗先生の作品の魅力の一つではないかと思います。

時にナイフでカットしたり、土錬機を改造して作った土柱を打ち付けて作品にしたりと、

箆で刳り貫いたり、引き千切って土を限界まで伸ばす等その表現方法は違えど、

様々なアプローチで粘土の中に眠っている土の貌を探ることで、

晃一朗先生は備前の粘土という魔法の素材と向き合っていると感じました。

 

koichirogui20150206blog1.JPG

黒赤白と色合いの変化でも表情の違いが生まれます。

 

koichirogui20150206blog2.JPG

腰回りから上は手捏ねによって整った表情になっています。

 

koichirogui20150206blog3.JPG

引っ掻き高台は土のもつ隠された性質、本来の貌をそのまま見せてくれます。

 

koichirogui20150206blog4.JPG

見込みもまた前述の二つの部位とは違う表情になっています。

土の粗さと箆による整えが拮抗しています。

 

 

(伊勢崎晃一朗/酒呑各種)
左 黒酒呑  size:径8.0cm×径7.8cm×高さ6.5cm price:¥20,000
中 備前酒呑 size:径7.8cm×径7.7cm×高さ6.5cm price:¥16,000
中 白酒呑  size:径8.3cm×径8.0cm×高さ5.7cm price:¥20,000
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(伊勢崎晃一朗/酒呑各種)

左 黒酒呑   size:径8.0cm×径7.8cm×高さ6.5cm price:売約済


中 備前酒呑 size:径7.8cm×径7.7cm×高さ6.5cm price:売約済


右 白酒呑  size:径8.3cm×径8.0cm×高さ5.7cm price:売約済


作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

隠崎隆一先生の黒酒呑が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日の更新は隠崎隆一先生の黒酒呑です。

非常にユニークな造形で有名な隠崎先生ですが、

本作も一見ランダムに見えて綿密に計算された削りが印象的です。

器自体の大まかなラインはそのままに削りによってまるでパズルのように組み上げられ、

平面ではなく立体造形のパーツの一部として削りが機能していますね。

言葉では説明しづらい見事な造形ですので是非写真にてお楽しみ下さい。

 

kakurekurogui20141027blog1.JPG

よく焼けて光沢の出た黒に、濃く鮮やかな黄胡麻がきています。

 

kakurekurogui20141027blog2.JPG

こちらが火の真正面になるのか強い胡麻流れが発生しています。

 

kakurekurogui20141027blog4.JPG

照りのある黒の肌がたまりませんね。

こまかな皺が光沢のある肌に似合っています。

 

kakurekurogui20141027blog5.JPG

見込みにも胡麻がしっかりと乗っており、酒映りが良さそうです。

 

kakurekurogui20141027blog6.JPG

腰周りにはカセ胡麻が出ています。

底部を正面から見るとこの削りはある意味器を包み込むほど大きな高台のようにも見えます。

 

見事な造形の黒酒呑、如何でしたでしょうか。

黒の肌がよく焼けた際の、光沢のある艶やかな黒は何とも素敵ですね。

黄胡麻の色合いも良く冴えており、黒と金のコントラストが何とも高貴な印象を与える作品です。

 

(隠崎隆一/黒酒呑  size:径8.0cm×径7.7cm×高さ5.0cm  price:¥42,000 )
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(隠崎隆一/黒酒呑  size:径8.0cm×径7.7cm×高さ5.0cm  price:売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

隠崎隆一先生の黒酔器が入荷しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

今日は新しく入荷しました隠崎隆一先生の黒酔器をご紹介致します。

運良く入手した作品で、あまり目にすることがない黒に鎬の合わさった希少なタイプです。

少し前作で2007年頃の陶歴書が入っておりますが新品未使用です。

 

kakuresuiki20140927blog1.JPG

肌に張り付くような胡麻が特徴的です。

胡麻がクレーター状に窪んだ部分からはうっすらとコバルトブルーが出ております。

 

kakuresuiki20140927blog2.JPG

黒に合わせてマットな胡麻が出ており、全体の統一感が素晴らしいです。

 

kakuresuiki20140927blog3.JPG

線や面ではなく、きちんと立体として造形に箆削りが組み込まれています。

ただ肉をそぐだけではなく、計算された構成で組み上げられています。

 

kakuresuiki20140927blog4.JPG

よく焼けて黒に艶が出ており、吸い込まれそうな色合いになっています。

 

kakuresuiki20140927blog5.JPG

平面でのデザイン性だけを追い求めた削りではないので、

どんな角度から見ても立体として美しいフォルムになっています。

 

隠崎隆一先生の黒酔器、如何でしたでしょうか。

立体があってその表面に線や面のデザインが乗るのではなく、

計算され尽くした線や面が組み上がって「美しい」と思わせる造形になっています。

これだけの緻密なラインが凝縮された作品ですので、

照明を落としてスポットライトを当てて飾り付けたくなりますね。

 

(隠崎隆一/黒酔器  size:径9.3cm×径8.1cm×高さ15.3cm  price:¥130,000)
作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。
Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

(隠崎隆一/黒酔器  size:径9.3cm×径8.1cm×高さ15.3cm  price:売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

秋谷昌央先生の窯出しがありました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

先日秋谷昌央先生の窯出しがあり、伺って参りました。

今回は当初の予定よりもやや遅れての窯出しとなり、

逸る気持ちを抑えて久し振りの秋谷作品に会えるのを楽しみ待っておりました。


久し振りの窯出しで拝見した作品は待った甲斐がある見事な窯変が出ておりました。

引き出し黒の色艶も冴えており、全身を包む自然釉が見事な変化を見せてくれます。

引き出しによる急冷で全身を覆う胡麻が透明化することで、

普段は胡麻で隠れてしまう土の皺が透明化した胡麻に濃淡を生み出しています。

内部から膨らませたり千切ったりと、土の質感表現に定評のある伊勢崎一門にピッタリの焼きですね。

素晴らしい作品が多数入荷しておりますので是非お問い合わせ下さいませ。

 

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)
川口陶楽苑のHPへ

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

 

akiya_new001.JPG

引出黒の酒器、コバルトブルーの出た酒器や食器など入荷しております。

焼き上がりを見て今回は大成功の窯焚きではないでしょうか。

 

akiya_new002.JPG

貝跡に使用される貝殻です。

焼けた跡はカルシウムだけとなり、作品に貝殻の線文だけを残します。

備前焼の自然黒

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日、常連の陶芸をされているお客様がお越し下さり、珍しい作品を見せて下さいました。

自然黒に焼き上がった作品です。
塗り土を施す事もなく、自然に焼き上がった黒なのだそうです。
銀色や黒青など様々な発色を見せています。
備前の焼きの面白さと奥の深さをまた教えて頂きました。
8月20~26日まで岡山県総社市でも展示会をされるとの事で、
岡山へお越しの際にはぜひお立ち寄り頂ければと思います。

ご自宅の窯にて焼成された塗り土をしていない自然黒のお茶碗です。

窯の近くに水脈などがあり、その関係で湿気による金彩と自然黒がよく焼き上がるそうです。

 

harasan.201407291.JPGharasan.201407292.JPG

 

炭化銀に輝くところもあり、見所の多い黒に焼き上がっていますね。

塗り土を施す事もなく、自然に焼き上がったそうで窯出しの際には大変驚かれたそうです。

備前焼の面白さと奥の深さ、魔法にかかったような無限の変化をまた教えて頂きました。


8月20~26日まで岡山県総社市でもグループ展示会をされるとの事で、

岡山へお越しの際にはぜひお立ち寄り頂ければと思います。

小服碗~色彩豊かに~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皆さんこんにちは、如何お過ごしでしょうか。

本日は森本良信先生の色とりどりの小服碗が入荷しましたのでお知らせ致します。

左は黒碗、飴色の釉流れが黒の肌によく似合っています。

中は織部碗、濃緑色の織部釉がとても涼しげで今の季節にピッタリです。

右は備前碗、やや小振りで焼酎呑や湯呑としても活躍しそうです。

 

brog.kohukuwan.201407231.JPG

 

brog.kohukuwan.201407232.JPG

織部釉の濃緑色は本当に涼しげで、クリアーな釉調がさらに涼感を増しています。

やや大振りでどちらかというと少し小さな茶碗のような存在感があります。

 

brog.kohukuwan.201407233.JPG

本格派志向の森本先生らしい本窯焼成の窯変が見事です。

こちらもやや大振りで非常に存在感のある碗です。

 

brog.kohukuwan.201407234.JPG

降り注ぐ雨のような糸胡麻が鎬に重なって見事です。

糸胡麻は巻きつけた藁に胡麻が反応して生まれます。

 

※参考画像

brog.kohukuwan.201407235.JPG

自宅でも森本先生の織部と伊賀の小服碗を愛用しています。

最近はお客様から頂いた冷たい抹茶の飲み物を飲んで楽しんでいます。
(画像:自宅で使用している小服碗 商品ではございません。)

最近はお客様から頂いた冷たい抹茶の飲み物を楽しんでいます。

(画像:自宅で使用している小服碗 商品ではございません。)


如何でしょうか。茶陶に力を注ぐ森本先生らしい格調高い作行が見事です。

ただ麦茶を入れて飲むだけでも口造りがとてもしっかりしており違いを感じます。

何にでも使用されるからこそ、それに耐えうる為に厳しい審美眼とポリシーを持って制作された作品です。



(森本良信/小服碗 各種)

黒碗(左)   size:径11.2cm×径10.6cm×高さ8.2cm  price:売約済

織部碗(中) size:径10.5cm×径10.3cm×高さ9.7cm  price:¥25,000)

備前碗(右) size:径9.3cm×径9.1cm×高さ7.7cm      price:売約済

作品の詳細な画像などは下記までお問い合わせ下さい。


Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220

川口陶楽苑へのメール(クリックするとメール送信画面になります)

川口陶楽苑のHPへ

秋谷昌央先生の黒カップ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


以前に秋谷昌央先生の黒のコーヒーセットやマグカップをお買い上げ頂いたお客様から素敵なお写真を頂戴しました。

akiyakurocup.blog201310071.JPG

akiyakurocup.blog201310072.JPG

akiyakurocup.blog201310073.JPG

普段使いに頻繁にご愛用頂いているそうで嬉しい限りです。
エスプレッソコーヒーにミルクを入れてカフェラテにされたり牛乳を入れたりすると、
塗り土の黒の肌がミルクの白を引き立てて、コントラストが良く気に入って下さっているそうです。
秋谷先生はよく黒のシリーズをつくられますがこちらの取手のついたカップはお洒落で前回の窯出しでも大変人気の昨品でした。
黒ソーサーもプレートのように真っ平らになっているデザインがとても素敵でした。
コーヒーには白い磁器ものも良いですが、クリームやミルクの白を黒が引き締めてくれるので一層美味しそうに見えますね。
無機質な真っ黒ではなく、焼き締め陶ならではの微妙な色調の変化や自然釉が掛かる事によって、
スタイリッシュでありながらも土もの特有の温かみも兼ね備えている。
黒昨品にはこういった魅力があるのだなと改めて感じる事が出来ました。

余談ですが、エスプレッソと言えば、先日イタリアンを食べに行った際にイタリア人のシェフに面白い事を教わりました。
エスプレッソというとイタリアでは料理をドルチェも全部食べた後に、一番最後に口の甘い味わいを残したまま、
グイッと呑み干して後味をすっきりさせるものなのだそうです。
お菓子を口に含んで抹茶を飲むという、日本の抹茶ととても似ているのだと教わりました。

 

秋谷昌央 黒鉢

  • 投稿日:
  • by

先日、店頭にて秋谷昌央先生の黒鉢をお買い上げ頂いたお客様より素敵なお写真を頂きました。

akiyahati.blog.2013008281.JPG

akiyahati.blog.2013008282.JPG

柚子胡椒風味の豚骨のサラダだそうです。何とも美味しそうです。鉢が大振りなので4人分はいけるそうです。
こちらの鉢は外側が塗り土を施された黒の土味、内側が塗り土なしの胎土に胡麻景色というコントラストの美しい作品でしたが、
内側には胡麻がたっぷりと降り注いでおりますので、使ってみると緑の葉物だけだと実物はくすんだ感じに見えるそうで、
赤、黄色などの暖色が映えるのではないかというご意見も頂きました。
食器一つ一つでもやはり食材との相性があり、使ってみないと分からないものだなと、とても勉強になりました。

akiyahati.blog.2013008283.JPG

こちらは別の日にラーメンを盛り付けて頂いた際のお写真です。
ラーメン鉢には大きすぎるかなと思いましたが、具沢山にすると丁度良いそうです。
色々とご活用して頂いているようで本当に有り難く嬉しい限りです。

秋谷先生の食器は焼成に於いても工夫が凝らされておりますし、
造形もシンプルな中にさり気なく個性が盛り込まれているところがまたお洒落です。
HPの方でも近日中にご紹介をさせて頂きますのでご期待下さいませ。

秋谷昌央先生が窯出しされました

秋谷昌央先生が窯出しをされました。
現在、手入れをされている状況です。
手入れが終わる頃に当店も新作を仕入れに伺う予定です。
手入れ中の作品を少し拝見させて頂きましたが、
今回は黒の発色も良くブルーも美しく発現しておりました。
そして普段使いに出来そうなお洒落なカップ類も新たに作られており、
色々と選ばせて頂くのが楽しみです。
秋谷先生の手入れのご様子をfacebookにて公開中ですので是非ご覧下さい。

備前焼 川口陶楽苑のfacebookページで動画を見る

20130311akiya.jpg

皆さんこんにちは、今日は伊勢崎淳先生と晃一朗先生による黒作品共演となります。
晃一朗先生は独立後に自分専用の窯や土で作品を手がけておられるので、
同じ「黒作品」でも淳先生とはかなり違ったアプローチとなっています。
更に本日の作品は先日HPにUPしました引出黒酒呑となりますので、
同じ黒でも見比べてみると様々な違いがあり面白いですよ。

IMG_9456.JPG両方共に横に寝かせて焼き上げられた作品で、虎の縞模様のような景色となっています。
背中に積もった松割木の灰がある程度集積して、水滴の如く重力に引っ張られて滑り落ちたものです。
それが作品の真正面に集まり、つららのように球体を作っています。
また、接地面に対してくっつかないように、貝殻を置いて空間を作っています。(貝跡とも呼ばれる特徴的な景色)
淳先生の接地面はボールの右脇部分の白い箇所、晃一朗先生は横縞模様の先端の白くなった箇所がそうです。

ここで見て頂いても分かる通り、淳先生の引出作品は胡麻がかなり透明化しております。
おそらく両作品ともに松割木のみで焚かれたのですが、晃一朗先生の方は金の絵の具のように、
淳先生の方は透明化してまるで琥珀やべっ甲のようになっています。
では、更に近づいて見てみましょう。

IMG_9475-horz.jpgいかがでしょうか、近寄ってみるとかなり違いがはっきりと分かります。
晃一朗先生の胡麻を見ても分かる通り、元々土と灰では伸縮率が違うので貫入が入ります。
それが引出技法によって更に細かな貫入となり、まるでクリスタルのように変化しています。
対する引き出さない胡麻の濃厚な景色は、涼やかな黒のキャンバスに描かれた金の絵の具とでも言うべきです。
どちらもそれぞれの良さがあり、黒作品の奥深さを物語っていますね。

IMG_9458.JPG
IMG_9467.JPG
作品情報:伊勢崎晃一朗 黒徳利(共箱)      サイズ口縁4.4cm×胴径7.8cm×7.7cm×高さ17.3cm 価格3万6千円
             :伊勢崎 淳 備前引出黒酒呑(共箱) サイズ径7.1cm×7.2cm×高さ6.7cm    価格13万円  SOLDOUT
(※商品名をクリックしていただくと川口陶楽苑のHPの商品ページへ移動します) 

詳細な画像やご質問等ございましたら下記までご遠慮なくお申し付け下さいませ。

Tel 0869-67-2210 Fax 0869-67-2220
川口陶楽苑へのメール