人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」

伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」

(商品No. 3379)
70,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

伊部に生まれ細工物や陶像に数々の名品を残し、岡山県の無形文化財にも指定された伊勢崎陽山先生の備前手造桟切宝瓶です。「桟切宝瓶」の名の通りの作品で、この時代に流行したグレーの灰被りと桟切りが全面に出た渋い味わいの宝瓶です。そんなグレーの景色の中でワンポイントの黄胡麻がよく映えており目を引きます。口縁の造りや薄く広がった高台の色気など、細工物の名手である陽山先生の技量の高さが伺えます。(前作でやや使用感があります、予めご了承ください)

■作品の概容

共箱(二方桟)
径9.0cm×径8.0cm×高さ6.5cm

■作品画像

.伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #1 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #2 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #3 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #4 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #5 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #6 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #7 .伊勢崎陽山 作 「備前手造桟切宝瓶」 #8

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2015-01-22

■作者(伊勢崎陽山)について

伊勢崎陽山先生は、明治35年に伊部に生まれました。最初日本画家を志されましたが、家庭の事情に依り窯元興楽園で伝統の箆技術を習得されました。若くして田島幽仙先生に陶技を学び、昭和8年窯を築いて独立。細工物に長じて陶像、置物に名品を残されており、山口県下関の高杉晋作像、和気広虫像・清麻呂像など大作の陶像を制作されています。晩年はロクロも手掛けられました。姑耶山中の古窯を復元されており、県重要無形文化財保持者でもあります。昭和36年に60歳で亡くなられました。


関連商品

 

▲このページの上へ