人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


小山末廣 作 「備前湯呑」

小山末廣 作 「備前湯呑」

(商品No. 3579)
18,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

名工と呼ばれた初代小山一草先生の下に生まれ、金重素山先生にも薫陶を受けた小山末廣先生の前作の備前湯呑です。金重素山先生とともに良質の土を探し求めた小山末廣先生らしい土味見事な湯呑です。明るい茶色の爽やかな土味はまさしく良質の田土によるものであり、緋襷の出た白土部分を見てもうっすらと青みがかった品の良い土味になっています。湯呑ですがやや小振りであり、金重素山先生のダイナミックさを受け継いだ造形は少し大きめの酒呑としても面白そうです。(前作ですが使用感はほとんどありません、また陶歴が入っておりません、予めご了承下さい)

■作品の概容

共箱(二方桟)
径7.5cm×径7.3cm×高さ6.8cm

■作品画像

.小山末廣 作 「備前湯呑」 #1 .小山末廣 作 「備前湯呑」 #2 .小山末廣 作 「備前湯呑」 #3 .小山末廣 作 「備前湯呑」 #4 .小山末廣 作 「備前湯呑」 #5 .小山末廣 作 「備前湯呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2015-05-30

■作者(小山末廣)について

小山末廣先生は、細工物に秀れた名工 初代 小山一草先生の三男として伊部に生まれました。備前高校卒業後、窯元陶正園に入り4年余修業し、1971年に窯を築いて独立。金重素山先生に美意識とバランス感覚を学ぶなど薫陶を受けました。1973年には日本伝統工芸展に入選。また岡山県展では山陽新聞社賞・県知事賞・県展賞など入賞7回となり、84年に委嘱となりました。一水会展では79年以降6回入賞し、田部美術展でも入賞・入選を果たしました。


関連商品

 

▲このページの上へ