人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」

藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」

(商品No. 3984)
45,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

名工 初代藤原楽山先生の三男として生まれ、様々な名品を作り上げた県指定重要無形文化財指定保持者、二代藤原楽山先生の志野ぐい呑です。仙人のような生き様と一切の妥協を許さない見事な細工で万人を魅了した二代楽山先生による、どこか雅やかさが感じられる酒呑です。岐阜旅行の折に制作したという珍しい志野の作品で、備前と同じ造形ですが志野として違和感なくしっかりと成り立っており、例え場所や表現方法が変わっても己の根底に据えたものは変わらないというその在り方に感動します。美濃探索という遊興の中にも、施釉による厚みの調整など見れば達人の妥協を許さぬ己との闘いがあり、遊びと本気がくるくると混ざり合って風流人楽山を形成していたのでしょう。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径6.8cm×径6.6cm×高さ5.0cm

■作品画像

.藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #1 .藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #2 .藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #3 .藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #4 .藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #5 .藤原楽山(二代) 作 「志野ぐい呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2016-02-25

■作者(藤原楽山(二代))について

二代 藤原楽山先生は、名工 初代藤原楽山先生の三男として生まれました。早くから父に師事して陶技を習い、1930年、父の没後、二代目 楽山を襲名されました。「茶碗と香炉の楽山」と言われ名声高く、1948年、国の丸技作家に認定され、1954年、岡山県重要無形文化財作家となられました。岡山日日新聞芸術文化功労賞や勲六等単光朝日章も受賞されています。1996年9月3日に亡くなられました。


関連商品

 

▲このページの上へ