人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


森本良信 作 「備前酒呑」

森本良信 作 「備前酒呑」

(商品No. 5574)
15,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

優れた美的感覚を持ち、土と焼きと造りに於いて常に進化し続ける森本良信先生の窯出しされたばかりの新作備前酒呑です。森本先生自身が「被り物」と表現する備前手の作品で、胡麻や桟切などが幾重にも重なり合い、重厚な窯変の着物を形成しています。しかし本作の肝はそこではなく、あくまでもその被り物を焼成する過程で生まれる絶妙な「抜け」であり、堅く焼きしまった肌の中に生まれる極上の陰影が見事です。現代備前でよく言われる甘焼きの抜けではなく、古備前の肌に確かに存在していた焼き締まった抜けを追求し、濃厚なチョコレートのような土肌に被り物と抜けを加えて立体的かつ濃密なテクスチャーを完成させました。古備前に見られる独特の厚みのある桟切りが面白く、さらに無造作に仕掛けた藁によって作品上部には糸胡麻が掛かるなど古備前と見紛うような景色を造り出しています。見込みにも重厚な胡麻がたっぷりと降り積もっており、肌の陰影と合わさり立体的に積み重なった肌合いが見事です。

■作品の概容

共箱後日(発送までしばらくお時間がかかります)
径6.5cm×6.5cm×高さ6.1cm

■作品画像

森本良信 作 「備前酒呑」 #1 森本良信 作 「備前酒呑」 #2 森本良信 作 「備前酒呑」 #3 森本良信 作 「備前酒呑」 #4 森本良信 作 「備前酒呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2019-08-03

■作者(森本良信)について

森本良信先生は1976年、岡山県に生まれました。1996年備前陶芸センターを修了。フリーを経て、2004年東京にて初個展。以後毎年東京を中心として全国にて個展開催。2005年、2006年、2007年度田部美術館「茶の湯の造形展」入選。 2008年、東京・日本橋三越「現代作家酒器展」出品。2009年、東京・日本橋三越「現代作家茶碗展」出品。2010年、岡山・天満屋「森本良信 特集」など各地で個展を開催しています。


関連商品

 

▲このページの上へ