人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


曽我 尭 作 「備前ぐい呑」

曽我 尭 作 「備前ぐい呑」

(商品No. 5873)
15,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

古備前が焼かれた時代と同じ環境を再現して古の美へと挑戦する曽我 尭先生の備前酒呑です。古備前時代の様式を再現するため耐火煉瓦等も使用せず、その為に窯内部の熱効率からしてまったく現代の常識が通用しない窯で焼き上げられており、それ故に現代の美を飛び越えて古備前に差し迫るような極上の土味を見せています。曽我 尭先生流の焦げ胡麻の作品で、こってりと焼けた黄胡麻をベースにサラサラとした質感の上品な焦げ胡麻が出ています。勿論下地となる土味は曽我先生らしい冷え枯れた古備前調のものとなっており、しっとりした質感と渋い味わいが酒の旨さをぐっと引き立ててくれます。ネットリと芳醇なチョコレート色の土味も素晴らしい風情があり、眼と舌と肌で古備前の肌そのものをじっくりと味わうことが出来ます。口縁部の造りも若手ながら老練さすら感じさせる巧みなものとなっています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径6.3cm×6.3cm×高さ5.4cm

■作品画像

曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #1 曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #2 曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #3 曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #4 曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #5 曽我 尭 作 「備前ぐい呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2020-05-12

■作者(曽我 尭)について

曽我 尭先生は1984年に東京で生まれました。2009年に伊勢崎 淳先生に師事し、2012年に備前市久々井に築窯されました。2013年より独立し作陶活動を開始されました。


関連商品

 

▲このページの上へ