人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


大岩智之 作 「黒酒呑」

大岩智之 作 「黒酒呑」

(商品No. 6626)
17,600 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

隠崎隆一先生の下で陶技を学び、兵庫県上郡の地で研究に励む、
大岩智之先生の窯出しされたばかりの新作黒酒呑です。

令和4年5月に窯出しされた最新作です。

大岩先生は強い焼き込みを狙って焼成されており、
本作は黒の塗り土を施した黒作品として制作され、
そこに灰被り窯変が融合して迫力のある景色になっています。

黒窯変とでも呼ぶべき豪快な焼成が魅力となっており、
黒の塗り土を焼き剥がすが如く、圧倒的な量の自然釉が押し寄せています。

所謂登り窯の窯変で言う海鼠肌に該当する、
滑らかな質感の灰被りの肌が本作にもありますが、
黒の影響でコバルトブルーの海鼠肌となっており、
まるで宝石のような景色が見ても使っても楽しいです。

初期の隠崎先生を彷彿とさせる腰の広がった造形が面白く、
特に高台部は箆を差し込むようにして高台を削っており見事です。

■作品の概容

共箱後日(恐れ入りますが発送までしばらくお時間がかかります。)
径7.0cm×6.8cm×高さ6.2cm

■作品画像

大岩智之 作 「黒酒呑」 #1 大岩智之 作 「黒酒呑」 #2 大岩智之 作 「黒酒呑」 #3 大岩智之 作 「黒酒呑」 #4 大岩智之 作 「黒酒呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2022-06-12

■作者(大岩智之)について

大岩智之先生は1977年に兵庫県神戸市に生まれました。

2004年に備前陶芸センターを修了し、2005年に隠崎隆一先生に師事しました。

2014年に兵庫県に工房を構えて独立しました。


関連商品

 

▲このページの上へ