人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重元郎 作 「備前土徳利」

金重元郎 作 「備前土徳利」

(商品No. 3180)
38,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

備前焼の偉大なる中興の祖、金重陶陽先生の四男で三重にて作陶を続けられている、金重元郎先生の備前土徳利です。良質の多土を使って焼き上げられた作品で、金重一門らしい爽やかな光沢がある明る目の茶色の土味となっています。一室の焚き方を変えることで備前の胡麻を狙い、そのこだわりが結実しよく溶けた金色の胡麻が肌を飾っています。素朴さの中に品の良さが感じられる作品で、金重元郎先生お勧めの一品です。

■作品の概容

共箱(四方桟)
口縁4.9cm×胴径9.0cm×胴径9.0cm×高さ15.2cm  容量 約230cc

■作品画像

.金重元郎 作 「備前土徳利」 #1 .金重元郎 作 「備前土徳利」 #2 .金重元郎 作 「備前土徳利」 #3 .金重元郎 作 「備前土徳利」 #4 .金重元郎 作 「備前土徳利」 #5 .金重元郎 作 「備前土徳利」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2014-08-21

■作者(金重元郎)について

金重元郎先生は人間国宝 金重陶陽先生の四男で、1945年 岡山県備前市に生まれました。1968年 武蔵野美術大学産業デザイン科 工芸工業デザイン専攻卒業。1993年 竜合窯(川喜田半泥子先生の孫 川喜田敦氏工房)にて作陶焼成。1999年には武蔵野美術大学地域フォーラム「アート&デザイン」のパネリストをされています。2001年、三重県一志郡美杉村へ転居され、翌年には自製日干し煉瓦で穴窯を築窯されました。2003年に、伊賀土による無釉作品を焼成。1995~2000年には、グループ展に陶芸作品を出品。ほか各地で個展を多数開催されています。


関連商品

 

▲このページの上へ