人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重潤平 作 「備前酒呑」

金重潤平 作 「備前酒呑」

(商品No. 5264)
22,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

金重一門の第一人者 金重晃介先生のご長男、金重潤平先生の新作備前酒呑です。金重一門伝統の土作りにこだわり、土錬機を一切使用せずに手作業のみで精製した土を、更に数十年寝かせてから使用した作品です。金重一門の黄胡麻といえばこれといった焼き上がりの作品で、たっぷりと掛かった黄胡麻は所々に焦げが見え、土肌はチョコレートのように濃厚な色合いになっています。これまでの正面に一本線を入れた意匠が更に進化し、「破れ」を取り入れるなど渋い焼成とは反対に大胆な造形になっています。口縁部の胡麻もよく溶けており、景色のみならず唇に触れた際の触感も向上させています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径7.0cm×径6.3cm×高さ5.4cm

■作品画像

金重潤平 作 「備前酒呑」 #1 金重潤平 作 「備前酒呑」 #2 金重潤平 作 「備前酒呑」 #3 金重潤平 作 「備前酒呑」 #4 金重潤平 作 「備前酒呑」 #5 金重潤平 作 「備前酒呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2018-11-26

■作者(金重潤平)について

金重潤平先生は1972年に金重晃介先生の御長男として東京駒場に生まれました。1994年に早稲田大学第一文学部を卒業。2000年には米国ニューヨークのロングアイランド大学大学院彫刻科を修了し、帰国後に父である金重晃介先生に師事しました。


関連商品

 

▲このページの上へ