人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重陶陽 作 「備前徳利」

金重陶陽 作 「備前徳利」

(商品No. 6473)
600,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

初代人間国宝にして偉大なる備前焼中興の祖、金重陶陽先生の備前徳利です。

陶印が比較的短めの「ト」になっていることから、
昭和30年代後半に制作された最晩年期の作品であると思われます。

作品全面に柔らかでキメ細かいカセ胡麻が出ており、
総カセ胡麻とも呼べる珍しい景色を持った徳利です。

底部から腰回りにかけてはほのかに橙色の土味が出ており、
カセ胡麻の下に極上の土味を隠している事を匂わせつつ、
酒に濡れてより美しい色合いとなって見る者を楽しませてくれます。

また、本作は更にもう一手奥の手を持っており、
口縁部内の首の内側となる部分をじっくり覗き込むことで、
徳利内部の極上の緋色が少しだけ垣間見えるという実に面白い仕上がりになっています。

造形の面でも最晩年期の陶陽先生の特徴がよく出ており、
晩年になるにつれて口作りが小さく、胴の作りはより堂々としたものになりますが、
本作も実際より一回り大きく感じさせるような堂々とした胴の作りに対し、
小振りで非常に上品な口造りとなっています。

名人らしい見事な口造りは酒を注ぐ際に、
徳利の語源ともなったトクリトクリという音を優雅に奏でます。

■作品の概容

共箱(四方桟)
口縁3.3cm×胴径9.2cm×胴径9.1cm×高さ12.7cm 容量 約400cc

■作品画像

金重陶陽 作 「備前徳利」 #1 金重陶陽 作 「備前徳利」 #2 金重陶陽 作 「備前徳利」 #3 金重陶陽 作 「備前徳利」 #4 金重陶陽 作 「備前徳利」 #5 金重陶陽 作 「備前徳利」 #6 金重陶陽 作 「備前徳利」 #7 金重陶陽 作 「備前徳利」 #8

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2022-01-12

■作者(金重陶陽)について

金重陶陽先生(1896年~1967年 備前市伊部生まれ)は備前焼六姓の一つ、
金重家の分家 金重楳陽先生の長男として生まれました。

父に師事し手作りの宝瓶で名を高めました。

大正期から昭和初期にかけ様々な研究を重ね桃山風備前の土味を出すことに成功し、
その頃からロクロ製作を開始し茶陶の製作にも打ち出しました。

川喜田半泥子、荒川豊蔵、三輪休雪と交友も深められ、
戦後には北大路魯山人、イサム・ノグチらから影響を受け芸域を広めました。

江戸から明治を経て衰退していた備前焼に新風を吹き込み、
その功績から備前焼中興の祖とも呼ばれています。

備前焼初の国指定重要無形文化財指定に認定され、
1964と1966年にはハワイ大学夏季大学講師として招かれました。

1967年には昭和天皇、皇后両陛下が備前をご訪問された際御前製作を行いました。

主な受賞歴・・・中国文化賞、山陽新聞賞、岡山県文化賞受賞、紫綬褒章、勲四等旭日小綬章


関連商品

 

▲このページの上へ